インターンシップの面接に受かるためのコツ | 新卒就活.com

2016/08/31更新

インターンシップの面接に受かるためのコツ

インターンシップの面接に受かるためのコツをご紹介します。
インターシップの面接を本番前の練習として受ける方も多いと思いますが、軽い気持ちで受けたらまず落ちます。
事前の対策とインターシップの面接だということを踏まえておかないといつまでも落ち続けることになり、本番前に自信喪失してしまいます。

インターンシップの面接の基礎知識

businessmen-463335_640
「インターンシップの面接って、落ちることがあるんだろうか」と感じる学生たちがいます。
はい。落ちます。
しかも何度も何度も落ちる学生もいます。もちろん、インターンシップの面接はあくまでも就職活動の本番ではありません。
でも、本番のシュミレーションとなるまたとない機会です。是非本番さながらに挑戦してみたいものです。
では、なぜ落ちるのかという観点から、どうすれば受かるのかの基礎知識を考えましょう。

●面接は第一印象で8割決まる!!

まず、面接で必要なのは第一印象です。
面接は第一印象で8割決まるとも述べられることがあります。それほど大切なのです。
見られるのは、身だしなみ、挨拶の仕方、声の大きさ、表情、服装です。
皆同じだろうと感じますか。いえ、全く違います。会って10秒で、人の印象はほぼ決まるとも言われる程全く異なるのです。
逆に言えば、自分の印象を努力次第で全く変えることも可能なのです。
是非、面接官が落とすことが出来ないと思わせる第一印象を目指しましょう。

インターンシップの面接では適応能力をみられている

インターンシップの面接の際に必ずポイントになるのは、質問に対して何を見極められているか理解して答えているかです。
質問の内容は一般的には、あまり変わり映えのしないものが多く、オーソドックスと言えます。
逆にその質問にどう答えているかに注目されるのです。
では、どう答えたら良いでしょうか?

~自慢話はNG!答え方には気を配ること!!~

まず、必ず聞かれる質問の一つは、学生時代に頑張ったことです。
この質問に皆が頑張った内容を具体的に述べます。では、どうやって差を出しますか。面接官がチェックしているのは主に3点です。

●質問に答えているか。  ……意外に的が外れていることを言うがいます
●その人の能力。     ……自社のインターンシップにどう生かせるかを見極めています。
●困難を乗り越えるスキル。……自社のインターンシップで働く際、どのようにその人柄が活きるかを見ています。

つまり、面接は自慢話の場ではなく、適応性と思考力の見極めの場なのです。

インターンシップの面接では必ず志望動機が必要!

インターンシップの面接で必ず必要になるのが志望動機です。
これはどうしても外せません。なぜインターンをしようと思ったのか。
なぜその会社なのかを企業は一番知りたいのです。どう答えると良いでしょうか。まず何より具体的な目的を伝えることを目標にします。

●会社の特徴を絡ませた自己成長欲をアピール!

やってはいけないのは、単にこのインターンシップを通して、人として成長したいと思っていますと漠然と答えることです。
むしろ、この会社の特徴であるこれを学んで、こうなりたいという明確な意思を持つことです。
加えてなぜ、それを学びたいと思うようになったのかの自分なりのエピソードを加えておくと良いでしょう。
その論理的なオリジナルな思考の型は、面接の際の面接官の心を捉えます。

インターンシップの面接は企業の特色に合わせた志望動機が決め手!

インターンシップの面接は、誰もが通るものでもありません。
でも事前の準備と努力を払えば、面接官にとって印象深い人になるだけでなく、どうしても落とせない人になります。
意外に大切な第一印象は、自らの内面を見つめ直し、変化させていかなければならないかも知れません。
つまり自己分析です。
でも、それは自分を磨く結果となり、その後の本番で必ず役立つはずです。