インターンシップをするメリットについて | 新卒就活.com

2016/09/20更新

インターンシップをするメリットについて

就職活動において、インターンシップをする経験は非常に大きなものとなって来ます。
ではどうして、インターンシップの経験が就職活動において、効果を発揮するのでしょうか。
どんなインターンシップ経験が、あなたの就職活動を後押ししてくれるのでしょうか。

インターンシップをするメリット1,業界研究を行うことが出来る

tree-247122_640
インターンシップをすることで、あなたが希望している業界の業界研究をすることが出来ます。
インターンシップのタイミングは企業によって様々で、あなたも学生生活の合間で、都合がつくタイミングで取り組むことでしょう。
学生生活を送る間に、もうひとつインターンシップというスタイルであっても、社会人としての生活を体験できるのは、非常に貴重なチャンスなのです。・

●資料や説明だけではわからない業界の事情を知ることが出来る!

インターンシップをすると、その会社で働く先輩から、直接様々な指導を受けることが出来ます。
就職活動の際には、説明会を聞いたり、様々な資料を読み込んだりすると思いますが、それらだけでは決して味わうことが出来ない経験を積むことが出来ます。
この経験は、その後の就職活動における業界研究に大いに役立てることが出来るでしょう。

インターンシップをするメリット2,志望動機を明確にすることが出来る

インターンシップをすることで、その会社や業界をよく知ることが出来ます。
そのことで、あなたの志望動機をより明確にすることも出来るでしょう。

●現場の雰囲気や働いている人の人柄を知ることが出来る!

インターンシップをすることは、その会社で直接働くチャンスを得るということです。
これは、説明会や資料ではわからなかった、現場の雰囲気を肌で感じることが出来るということです。
働いている人たちはどのように動いているのか、どのように連携を取っているのか、どんなスタンスで仕事をしているかなど、自分で働きながら感じ取ることが出来ます。
そうすることで、あなたがこの業界に入ったらどのようなことがしたいのか、どのように働きたいのかを明確にし、志望理由をよりはっきりさせることに繋
げられるのです。

インターンシップをするメリット3,社会について広い見識を持てる

インターンシップをすることは、決して内定と直結しているわけではありません。
また、将来を見つめなおし、改めて就職活動を行っていく上で、インターンシップに参加した業界とは別のところで働くことになる可能性もあります。

●社会を知ったことは大きな強みになる+就職活動を活かせる!

実際にその現場で働くかは分からないとしても、インターンシップをすることで、学校では味わえなかった実際の社会に入り、仕事をするという体験が出来ます。
それは社会に対して広い見識を持ち、視野を広げる絶好のチャンスにもなります。
この経験で身に着けたことのすべてが、実際の就職活動で自分の将来を獲得していく力になっていくのです。

重要なのはインターンシップをするのでなく自己成長すること!

ただインターンシップをこなしただけでは、就職活動においてあまり意味はありません。
重要なのは、インターンシップでどのような経験をして、それで自分がどのような成長を遂げることが出来たかです。
有意義な経験はあなたの将来にしっかり役立っていくでしょう。