インターンシップを体験するメリットについて | 新卒就活.com

2016/09/15更新

インターンシップを体験するメリットについて

インターンシップを体験するメリットご紹介します。
就職活動は自分の将来を決めるための重要な活動と言えます。
多くの企業が採用選考を開始する前にインターンシップを開催しており、それを体験すると言うことはとても重要な意味合いを持つと言えます。
インターンシップを体験することの必要性を考えてみましょう。

インターンシップを体験するメリット1,調べられない情報を入手できる

woman-737439_640
インターンシップを体験することが、その後の就活に大きな影響を与える場合があると言うことを就活生の人たちは知る必要があります。
よくインターンシップに参加しなくてもその企業のことは調べているから分かっているという人もいるようですが、ただHPなどに記載されている情報を調べて得た知識と、実際にインターンシップに参加して身を持って体験して得た知識や経験とでは、その重みや内容の充実度がまるで違うと言えます。

●百聞は一見にしかず!企業の「生」情報を知ろう!

基本的に調べて得ることが出来る情報は、その企業の情報の上澄み程度のものです。
いくら調べたとしても詳しい情報や企業の実態などはまずわからないと言えます。
しかしインターンシップに参加した場合、実際に企業の内部のことや仕事の内容、実際の業務がどのように行われているのかを詳しく知ることが出来ますから、百聞は一見にしかずのことわざ通り、参加することで初めて分かることも多々あると言えます。

インターンシップを体験するメリット2,自己成長を促す

長期インターンシップに参加すると、その企業の仕事がどのようなもので、実際に就職した場合にどういった業務を受け持つことになるのかを身を持って知ることになります。
この経験は就活に対する考え方を大きく変える場合があります。
就活とは何か、本当にやりたい仕事とは何かを見直すきっかけにもなり得ます。

●足りないところは改善を・成果が出たら自分への自信に繋がる!

インターンシップでの模擬就職では、自分の能力で企業の仕事をこなすことが出来るのかどうかも判断できます。
ですから力不足で思ったような成果を残せなかった場合は何が足りないかを見つめなおすことが出来ますし、自分の思っていた以上の成果が挙げられた場合には、インターンシップへの参加と体験で自信をつけることが出来たことになります。
これらの経験自分自信を確実に成長させてくれますので、参加しなかった場合との経験値が大きく変わってくることになるわけです。

インターンシップを体験するメリット3,内定が決まる場合も

インターンシップに参加し体験することは自分自身の力を計るだけではなく、企業側が優秀な人材を早い段階で確保するためにも重要なものだといえます。インターンシップは単なる企業を知るためだけのものではなく、インターン内定という言葉があるようにインターンシップで良い成績を収めた場合には企業側から内定の打診があることも少なくないと言えます。

~内定はインターンシップで良い成績を収めた場合のみ!~

そのためインターンシップに参加するまでに自分の能力を高め、その能力を余すことなく発揮できれば、他の就活生よりも先んじて内定まで辿りつくことも可能となると言えます。
もちろん全てのインターンシップでインターン内定が決まるわけではありませんが、参加したインターンシップのデータや企業に与えた印象は、その後の就活で大きなアドバンテージとなる場合が多いですので、必ずインターンシップへの参加をし体験した方が良いと言えます。

インターンシップを体験することで自身を成長させるメリットがある!

インターンシップでの体験は聞いた情報よりも確実に収穫が多いと言えます。
ホームページからでは得られない企業の「生」情報を得ることが出来ますし、自分を見つめ直す良い機会とも言えます
ですから、体験したことが就活でマイナスになると言うことはまずありません。
むしろ参加して体験しないことのほうが大きなマイナスだといえますから、率先してインターンシップへ参加し体験するようにしましょう。