インターンシップを1年間経験して得られるものとは | 新卒就活.com

2016/08/02更新

インターンシップを1年間経験して得られるものとは

インターンシップを1年間経験して得られるものとはをご紹介します。
今後の就職活動を考える大学生の中には、将来の就職に対して不安を抱かない人はいないと思います。
最近はそういった漠然とした不安を払拭するため、また将来の即戦力としてアピールしていくためにインターンシップを経験する学生も数多くいます。

インターンシップに1年間参加するメリット1,就活が有利になる

clock-943740_640

しかし実際に1年近く長期インターンシップを経験するとして「何が経験できるのか」「何を手に入れることができるのか」など、不安要素も数多くあることと思います。
ですがインターンシップは学生時代にしか体験することができません。
そこで今回は長期インターンシップを経験することで得られるものや実際の経験も交えた感触を少しでもお伝えできればと思います。

~1年間企業で働くことにより仕事に必要なスキルやマインドが形成される~

まず長期インターンシップで1年以上続けると、自分でお金を稼ぐ方法であるとか、充実感や独自の人脈など、様々なものを手にすることができます。
特に1年以上となると自分でできる仕事の量も非常に大きくなり、実際に就職する際に大きな手助けとなります。
インターンシップを受けるまではできなかったような専門的な業務や企業などに必要なマインドなども学ぶことができる場合もあります。

インターンシップに1年間参加するメリット2,自分で稼ぐ地盤作りにもなる

たとえ「起業などの大それたことは考えない」としても、普通のアルバイトをしている大学生とは比べ物にならないぐらい好条件の仕事を行うことができるようになります。
自分で稼ぐとなるといろいろな経験が必要ですし、なにより人脈作りも必須です。
そうしたことも学生という身分でありながらも、1年以上もインターンシップを続けていれば自然にできてしまうのです。
ですからたとえ小銭でも、1ヶ月10万円程度なら稼ぎ出すスキルが身につくのです。

~自分への自信がつき幅広い人脈をつくることができる!~

長期でインターンシップを行う、ということで特に気をつけておくべきポイントは「丁寧に仕事に取り組む」ということです。
これを1年余り続けることで自分に対する自信がつくことは当然のことです。
また幅広い人脈と信頼関係を築くことができるため、さらに良い仕事が飛び込んでくるようになります。

インターンシップに1年間参加するメリット3,ライフスタイルに合わせられる

しかし、インターンシップを長期行う際、特に1年も続けるとなると、どうしても「大学生活が疎かになるのではないか」といった不安もあると思います。
基本的には学生は学業が最優先です。それはどこの企業も承知しているため、試験期間などを考慮してくれる場合がほとんどです。
その部分に関しては成果報酬制のインターンシップなどがあるので、そういったものなら自分のライフスタイルに合わせて仕事を行うことができます。
場合によっては学校の課題などか疎かになってしまうほど忙しくもなりますが、それだけ充実した生活を送ることができる上、すでに仕事をしているわけですから、就職活動等でもアピールできるポイントは高いでしょう。

~学生は学業が最優先!成果報酬性のインターンシップなどを活用しよう~

また人との繋がりという点でも大きな変化が望めます。
1年間のインターンシップを経て、様々社会人の方と出会い一緒に仕事していくということで広い視野と深い経験を身に着けていくことができるわけです。
そういった方々とのコミュニケーションによって、将来のビジョンもより明確にイメージすることができるのです。
ですから将来の目標がない、という方には長期のインターンシップは特にオススメです。

1年間のインターンシップに参加することで将来の仕事に向き合う姿勢を学ぶことができる

1年以上の長期インターンシップは学生生活を充実させるだけでないく、将来の仕事や業務に向き合う姿勢などを学ぶことができ、社会人になる際に非常にスムーズに業務に携わることができます。
説明会なども頻繁に行われていますし、実際説明を聞くだけでインターンシップに参加決定されるわけではありません。
ですので一度気軽にインターンシップ説明会に足を運んでも見てもいいかもしれませんよ。