インターンシップ先の企業の選び方 | 新卒就活.com

2016/09/07更新

インターンシップ先の企業の選び方

インターンシップ先の企業の選び方についてご紹介します。
インターンシップ先の企業の選び方はのちの就職活動のためにも重要なことです。
インターンシップは短期間のものもあれば、長期間設定されている種類のあります。
せっかくのインターンシップですから自分にとって有意義なものになるのが一番大切ですよね。

インターンシップとは??

woman-with-bible-814163_640

就職活動を行う場合、インターンシップへの参加が就活に有利だと言うことをよく耳にすると思います。
そもそもインターンシップとな何なのでしょうか。

●企業の雰囲気を肌で感じられる貴重な機会!

インターンシップとは簡単に言えばお試しで企業に体験入社し、実際の仕事を体験することで働くことの厳しさや喜び、やりがいなどを見出すための制度です。
いきなり企業に就職してしまうよりも、予め体験をしておくことでその企業がどのような企業なのかも克明にわかります。
なにより自分自身で仕事を体験することにより、これから入社を目指す企業で自分がどれくらい仕事が出来るのかも判断することが可能となります。

インターンシップ先の企業の選び方その1

インターンシップに参加する場合、参加する企業選びは慎重に行う必要があります。
なぜなら、適当にインターンシップの企業を選んでしまうとその企業が自分のやりたい業種ではない場合もあります。

●自分の希望する企業や業種のインターンシップに参加しよう!

その場合インターンシップに参加したとしても、自分の目指す業界ではないのですからそれほどインターンシップの意味や意義を見出せないと言うことになります。
もちろんインターンシップに参加して仕事の厳しさを知れたと言うことは収穫ですが、希望していない業種を選んでしまうとその後の就活にも影響が出てしまう場合もあります。
そのため自分の希望する企業や業種のインターンシップに参加するようにしましょう。

インターンシップ先の企業の選び方その2

インターンシップに参加を希望した場合、参加者が多い場合には自分の希望する企業のインターンシップの選考に漏れてしまう場合があります。
その場合、希望していた企業以外のインターンシップには参加する必要はないのでしょうか。
この場合、希望する企業と同じ業種の企業であれば、是非インターンシップに参加しておいたほうが良いと言えます。

●同じ業種のインターンシップに参加すれば業界の動向や仕事の内容を知ることができる

なぜなら同じ業種のインターンシップの場合には、その業界の動向や仕事の内容などを知ることが出来るため、参加するほうが有益だと言えます。
もしその企業でインターンシップが高評価の場合には、その企業から内定が出ると言ったこともある場合があります。そのため同業種であれば参加しておくほうが自分のためにもなると言えます。

インターンシップに参加することで企業の生の情報を得ることができる!

インターンシップは社会人になるための第一歩だと言えますし、インターンシップに参加して見ないと企業のことが分からないとも言えます。
憧れていた企業でも、外から見た場合と内部の状況はまるで違うこともありますし、華やかに見える業界でも実際の仕事をインターンシップで体験出来れば、その厳しさに驚くこともあるでしょう。

ですからインターンシップに参加しないとまず知ることが出来なかった事実というものもあるわけです。
参加できるのは就活生の中でも一握りの参加者だけですから、もし参加できた場合は出来るだけ多くのものを吸収できるようとアンテナを張り巡らせておくことが重要になるのではないでしょうか。