インターンシップ制度を活用するメリットとは | 新卒就活.com

2016/09/05更新

インターンシップ制度を活用するメリットとは

インターンシップ制度を活用するメリットについてご紹介します。
大学3年生になると「就職活動」を意識してくる学生さんも多いと思います。
そんな学生さんの就職活動の準備としてもうってつけなのがインターンシップです。
社会の一員として働くことで、就職活動の指針や方向性を決めるキッカケにもなりますよ。

インターンシップ制度とは??

cooperate-458652_640
企業への就職選びで最も難しいのが、実際に自分が進もうとしている仕事がどのようなものなのかが分からないまま就職活動をしなくてはいけないということでしょう。
ぼんやりとしか内容がわからないと、やはり気持ち的にも不安ですから、出来れば仕事を体験できる場所などがあればいいなと考えるはずです。

●インターンシップに参加することで就職の指針を決めるキッカケになる!

インターンシップ制度とはまさに仕事の体験が出来る制度で、企業に短期間研修生として赴き、その企業の仕事内容などを実際に体験することが出来る制度となっています。
インターンシップ制度は基本的は春や夏の長期の休みの間に行なわれますので、学業に支障が出ることも無く企業の内面を知ることができるため、社会人となるためには参加しておいたほうが良い制度だといえます。

インターンシップに参加することで得られるものとは?

インターンシップ制度に参加をすることで、実際の企業の業務内容などを体験することが出来ますし、短期間とはいえ実際の仕事に従事することで、社会人としての厳しさなども身をもって肌で感じ取ることができます。

●自分が志望する企業や業界の情報を肌で感じられる!

インターンシップ制度で参加できる業務が自分の入りたい企業のものでなかったとしも、同業種のインターンシップに参加することで、その業種がどのような仕事内容なのか、どのような世界なのかを知るキッカケに繋がりますから、得られるものは非常に大きいといえます。
参加することで社会人としてやっていくための気構えも備わりますし、社会人となる第一歩に繋がる場合も多いです。
インターンシップ終了後に世界観が変わった、就職活動に一層気合が入ったという人も少なくないようです。

インターンシップでの体験を面接でアピール!

インターンシップ制度を利用して短期間実際の業務に従事した場合、その経験を面接でアピールすることも可能になります。
インターンシップ制度を利用していない場合、志望動機や企業に入社した場合に何をやりたいかという質問を受けた場合、明確な答えが出せない場合もあります。

●実体験を元に志望動機やキャリアプランなど明確に答えることができる!

ですが、インターンシップに参加していた場合には、実体験を元に自分が何をしたいのか、インターンシップで何を感じ何を得たのか、それをどのように社会人生活で生かしていくのかといった明確な受け答えが可能になります。
つまり、不参加の人よりも経験がある分面接でも有利になるといえるでしょう。
参加して損をすることはありませんから、率先してインターンシップ制度を利用するほうが良いでしょう。

インターンシップ制度は何社でも応募可能!就職活動の視野を広げよう!

インターンシップ制度を利用した場合、社会の厳しさなどを知ることが出来ますから、確実に社会人になるための意識改革が可能になります。
要するにインターンシップ制度を利用すると自分自身を磨くことが可能になるわけです。
インターンシップに参加できるのは1社だけではありませんから、複数の企業にエントリーしておくことも重要なポイントとなります。

エントリー後、インターンシップへの参加が認められた場合には、初めての体験となりますから見るもの聞くもの全てを吸収するつもりで参加することで、さらに自分自身の経験値を上げることが可能になるでしょう。
ただし、インターンシップの参加が採用に直結することはありませんので、視野を広げるために利用することが基本となります。