インターンシップを採用につなげるための心得 | 新卒就活.com

2016/09/09更新

インターンシップを採用につなげるための心得

インターンシップ採用につなげるための心得についてご紹介します。
インターンシップが採用につながる場合はなきにしもあらず。
ですが、企業の方に直接自分をアピールできる絶好の機会であることは間違いありません。
インターンシップの参加を考えてる学生さんには必見のページです!

インターンシップに参加するメリットとは?

hierarchy-261985_640
採用につながると噂とされる、インターンシップ。
パソコンで眺めているだけ、頭の中で考えているだけでは本当の業界研究や仕事体験はできないもの。
学生に身をおきながら、実際のビジネス内容を肌で体感できるのがインターンシップの醍醐味です。

●実際のビジネス内容を肌で感じることができる!

インターンシップに参加することが、必ず採用や内定につながるワケではありません。
けれどもインターンシップへの参加は、「一生懸命に働いている姿を、採用担当者にダイレクトに見てもらえる」いい機会をつくってくれます。
インターンシップに合格したからと呑気にかまえているだけではなく、どのような姿勢で臨めばいいのか、真剣に考えておくことも大切です。

インターンシップを採用へつなげるための心得その1

インターンシップ参加で採用されることを目指すのであれば、与えられた仕事に誠意をもって取り組むことが大切です。
また受け入れてくれる企業の「業務内容や実績」などについても、あらかじめ公式サイトや企業パンフレットなどから、しっかりと調べてインターンシップに臨むことが大切です。

●事前に企業研究は必須!先輩の指示には素直に従うこと

「どのような仕事内容を体験できるのか」ポジティブな姿勢で、対応することが未来の採用へとつながっていきます。
またいくら下調べをしたからと言って、独りよがりに行動することは、協調性の観点から見てもマイナスです。
指示を与えてくれる先輩スタッフの発言にしっかりと耳を傾け、分からないことがあったら素直に質問をすることも大切です。

インターンシップを採用へつなげるための心得その2

またインターンシップ先の企業では採用を極端に気にするあまりに、行動が慎重になりすぎる点もよく見られること。
インターンシップを受け入れる企業によっては「チャレンジ精神豊富でアグレッシブなタイプ」を求める人材像として、かかげている企業もあります。

●受け身の姿勢を大切にしながらも積極的にチャレンジしてみること!

社会人経験がゼロである学生に対して、企業サイドも高い業績やスキルを求めていないもの。
失敗しても大丈夫と割り切って、若いパワーをフルに活用させて行動することが、かえって採用に結びつくアクションにもつながります。
仕事を教えてもらうという低姿勢を大切にしながらも、未知の分野に飛びこむ好奇心は大切に仕事をおこないましょう。

インターンシップ採用につなげるためには事前の準備・素直な態度・ポジティブシンキングが重要

憧れの企業でのインターンシップ体験、心臓が飛び出ないかとドキドキすることもあります。
大手企業の一部ではインターンシップをイベントと捉えているところもあり、採用に直結しないと公言している企業もあります。

ですが、それでもインターンシップは、採用担当者に直接アピールできるいい機会であることは確かです。

・採用に直結する働き方としては事業内容を把握しておくこと
・知ったかぶりをせず素直な態度で臨むこと
・失敗をおそれないポジティブな働き方のスタンスが大切です。

ひと回りふた回りも大きく成長できるインターンシップ。ぜひ前向きにトライしてください。