インターンシップに参加決定時の電話の重要性とマナーがいいかけ方 | 新卒就活.com

2016/09/05更新

インターンシップに参加決定時の電話の重要性とマナーがいいかけ方

大学3年生にもなると、「就職」を意識してくる学生さんが多いと思います。そこで、注目を集めるのが、インターンシップです。多くの学生は、インターンシップを、就活の事前準備として考えている傾向にあります。
インターンシップは、就活の前にあるため、学生もビジネスマナーについて勉強不足な面があります。そのため、インターンシップ参加が決定した際、電話での挨拶を忘れる学生が多いです。マナーとしてインターンシップの参加が決定したら必ず企業に電話をかけるべきです。
今回は、インターンシップに参加が決定した後に必要な電話のかけ方についてご紹介します。

インターンシップを希望する学生すべてが参加できるわけではない

pedestrians-918471_640

インターンシップは就活において就職前に企業の仕事を体験できる、またとないチャンスです。

しかしインターンシップに参加できる学生は、限られています。そのため、希望者全員がインターンシップへ参加を出来るわけではありません。

選考を勝ち抜くと参加通知書が届く

そのためインターンシップに参加するにもエントリーが必要になってきます。エントリーシートやグループディスカッション、面接を勝ち進んだ学生だけがインターンシップに参加できます。
インターンシップに参加が決まった学生には参加通知書が届くことになります。

参加が決まったら電話で挨拶と事前連絡をする

このインターンシップへの参加通知書が届いた場合、必ず企業へ電話をかけて参加の挨拶と事前連絡をする必要がありま。

この電話は、単なる連絡のためのものと軽く考えてはいけません。インターンシップでは、優秀な学生に対して内定を出すケースがあります。そのため、内定獲得も目指しているのであれば、失礼のない電話のかけ方が重要になってきます。

基本的な電話のかけ方について

office-620823_1920

インターンシップが決まり、電話での事前連絡を行う場合、その電話のかけ方次第でインターンシップでの印象も変わってきます。そのため、電話のかけ方もマスターしましょう。

電話は営業時間内にかけ、始業時・お昼・退社時刻はNG

基本的に電話連絡は、企業が営業している時間内にかける必要があります。始業時、お昼、退社時刻等の時間帯は、忙しい場合や担当がいない可能性が高いため、電話をかけるのは避けたほうが良い時間帯だと言えます。

電話をかけた際の第一声には注意

電話を掛けた際には「お忙しいところ恐れ入ります」から入るのが礼儀です。間違っても「もしもし、○○さんいますか?」といったマナーのなっていな電話のかけ方は避けたほうが良いでしょう。

電話を掛けた際に担当者が不在だった場合は?

pedestrians-1209316_1920

インターンシップの事前連絡を電話で行った場合に、担当者が不在ということも考えられます。
この場合、電話したからといってインターンシップの事前連絡が終了したというわけではありません。担当者と連絡が取れた時点で事前連絡が終了となるので、つながるまでかけましょう。

担当者のスケジュールを確認した後にもう一度かけ直す

もし担当者が不在、忙しくて手が離せない場合には必ずいつ頃なら会社へ帰社されるか、いつ頃であれば手が空く時間になるのかを確認して、自分からもう一度のその時間にかけ直すようにしましょう。

担当者からかけ直すと言われた場合でも、本来であれば自分からかけ直すのがマナーなので、時間を聞いてその時間にかけ直す旨を伝えるようにしましょう。

インターンシップの電話を掛ける際には静かな場所を選ぶ

インターンシップの事前連絡の電話は、何処からかけても特に問題はありませんが、出来るだけ静かな場所からかけるのがマナーだと言えます。
もし周りがにぎやかな場所からかけてしまうと、こちらの言っている言葉が聞こえづらくて相手に伝わらない、逆に相手の声が周りがにぎやかで聞き取れないと言うことが起きてしまいかねません。

二度手間になったりマナーが悪い印象を与える

事前連絡で言われたことが良くわからないままインターンシップに参加して失敗したり、こちらの連絡が担当者にうまく伝わらなくてまたかけ直すという事態になる場合もあります。

何よりにぎやかな場所から電話をかけること自体、電話のマナーが出来ていないと感じさせてしまうため、NGな電話のかけ方だと言えるでしょう。
このように電話を掛ける場合にもマナーを守ることが重要ですので、失礼のないように電話をかけるよう気を配りましょう。

インターンシップに参加が決まったら営業時間内に電話し挨拶しよう

インターンシップに参加が決まったら、こちらからアクションしなければなりません。事前連絡と挨拶を兼ねた電話をかけましょう。電話をしたくない学生も多いですが、ビジネスマナーとして欠かせないことです。

また、電話をかける際は、営業時間内にかけるようにしてください。始業時、お昼、退社時刻等の時間帯は外出していたり、忙しくて電話に出れないケースがあります。一発で担当者に繋がるようにするためには、上記の時間帯は避けて電話をしてみましょう。
もし、担当者が不在の時は、いつ頃だったら戻ってくるのかなど、相手のスケジュールを確認しておくと、次の電話に役に立ちます。

事前連絡の電話は軽視されがちですが、印象を左右するものです。インターンシップで内定を勝ち取るつもりであれば、電話をかけるときのマナーはしっかりマスターしておきましょう。