インターンシップ期間が1日の企業に参加する意義とは | 新卒就活.com

2016/09/15更新

インターンシップ期間が1日の企業に参加する意義とは

インターンシップ期間が1日の企業に参加する意義についてご紹介します。
企業の中には1日だけのインターンシップを開催している所も多く、特に大企業に1日だけのインターンシップ開催が多いと言えます。
わずか1日しかないインターンシップへ参加することの意味や参加する必要があるかを考えてみましょう。

1日だけのインターンシップとは?

plan-695179_640
企業が行うインターンシップは、通常数日〜数週間にわたり開催されるものが多く、中には数か月にわたるものまであります。
ではわずか1日だけのインターンシップとは一体どのようなことを行うのでしょうか。
1日だけのインターンシップは通称「1dayインターンシップ」と呼ばれており、主に企業の会社説明が行われる場合が多いインターンシップとなります。

~1日のインターンシップとは会社説明会の深掘りバージョン~

その為1日インターンシップに参加した場合、その企業がどのような職種で業務内容はどのようなものかを知ることが出来るインターンシップと言えます。
それなら単なる会社説明会となんら変わらないのではと感じる人も少なくないと思いますが、1日インターンシップの場合は通常の会社説明会よりも更に詳しい会社説明を行ってくれるため、通常の会社説明会よりも更に一歩踏み込んだ内容を知ることが可能になるわけです。
そのため1日インターンシップを行っている企業に興味がある場合は、参加する意味があると言えます。

1日インターンシップは選考に関係あるのか?

わずか1日だけ開催されるタイプのインターンシップの場合、基本的には採用選考には何ら影響がないインターンシップだと言えます。
なぜなら、通常1週間から数週間にわたる長期のインターンシップの場合、企業に勤務して仕事を行いますので、仕事ぶりや参加者の能力などを企業側も細かくチェックすることが可能になります。

~選考に影響するのは長期のインターンシップ!~

しかし1日インターンシップの場合は企業で仕事に参加することは皆無だとえますし、企業側も参加者に対して企業のことをもっと詳しく知ってもらうために1日インターンシップを開催していると言えます。
その為1日インターンシップばかり参加をしても採用選考には全く影響が有りませんし、逆に言えば1日インターンシップだけに参加しているようでは企業に自分をアピールすることが出来ないと言うことにもなるわけです。

1日インターンシップに参加する必要性とは?

採用選考にほとんど影響しない1日インターンシップですが、それならばそのインターンシップに参加する意味も必要性も無いと言えるのでしょうか。
これは参加する必要がある人と無い人でその意見が分かれるとは思います。
就活を始めたばかりでどこの企業を選択するかまだ決めかねている人は、1日インターンシップに参加してその企業のことを詳しく知ることは必要なことだと言えます。

~企業を選択する上では1日インターンシップは有意義!~

しかしすでに就活も中盤〜終盤に差し掛かる場合や、就職したい企業が決まっている場合には、わざわざ1日インターンシップに参加する必要はないと言えます。
1日インターンシップは企業を知るためには有効的な手段ですが、採用に繋がり易いインターンシップではないため参加する必要が無ければ無理に参加しなくても良いインターンシップといえるでしょう。

インターンシップ期間が1日でも企業の事を深く知れる!ただし採用にはつながらない!!

1日インターンシップは使い方によっては就活を行う上で非常に便利で役に立つインターンシップとなります。
ですが、無理に参加する必要もない場合があるため、自分の就活状況を整理して参加が必要だと感じた場合には、参加してみるとよいでしょう。
また、1日インターンシップは直接採用つながることはまずないため、就活後半に差し掛かった時には参加する必要性はないと思います。
ですから1日インターンシップに参加したいと考える際には、「参加する時期」についても考えてみてください。