インターンシップ紹介会社を利用するメリット | 新卒就活.com

2016/09/15更新

インターンシップ紹介会社を利用するメリット

インターンシップ紹介会社を利用するメリットを紹介します。
インターンシップに参加したくてもなかなか希望する会社が見つからない、エントリーだけで倍率が凄まじいことになっている経験をした人もいるはずです。
そんな人に役立つのがインターンシップ紹介会社の存在で、希望する条件の企業との仲介を行ってくれます。

インターンシップ紹介会社を利用するメリット1,参加できる確率がUP!

cc-library010009534
インターンシップ紹介会社は、インターン生の登録を行い、インターンシップの受け入れを検討している企業に人材の紹介をする会社です。
登録さえすれば、紹介会社がインターンシップ受け入れ会社の情報配信や、マッチングなどを行ってくれるため労力の削減に貢献します。

~インターンシップ受け入れ会社の情報やマッチングを行ってくれる!~

希望通りの企業があれば実際に紹介を行い、インターンの受け入れが決まれば紹介手数料を受け取って紹介会社の業務は終了となるシステムです。
そのため、登録するだけでインターンシップに参加できる確率が跳ね上がります。
ただし、受け入れ企業の情報だけをもらって、自分で直接企業にインターンシップの応募などをすると、後々問題になる可能性があるので注意が必要です。

インターンシップ紹介会社を利用するメリット2,登録はしても主導は自分にある

インターンシップ紹介会社は、インターン受け入れを検討する企業から情報量や紹介手数料を貰うことでビジネスを成り立たせています。
そのため、紹介実績が多ければ多いほど利益になるため、なるべく多くの企業を紹介しようとする場合があります。

~自分の希望する条件ではない場合は断ることも重要~

希望する条件でなかった場合は断った上で、希望条件を改めて伝え、それが現実的かどうか担当者とよく話し合う必要があります。
また、紹介会社によってはインターンシップが非常に短い期間で終わった場合は紹介料を会社に返還することもある等、会社やインターン生の利益も考えて行動する場合もあります。

~複数の紹介会社に登録し不要だと思えば削除していく方法も有効~

情報の精度とマッチング力こそが実績になると言う考え方です。
そのため、やたらとインターンシップ数を紹介してくる会社であれば、別の会社に登録しなおす方法もあります。
複数の紹介会社に登録し、不要だと思えば登録を消していく方法も有効です。

インターンシップ紹介会社と派遣会社の違い

インターンシップ紹介会社と類似するのが、インターンシップ派遣会社です。
派遣会社と名の付く通り、登録したインターン生を企業に派遣することにより利益を得る会社です。
特徴は紹介料を受け取って関係性が切れる紹介会社と違い、受け入れ企業が見つかっても契約が続くことです。
派遣会社は企業から派遣料を受け取り、その一部を給料としてインターン生に渡し、残りを利益とします。

~受け入れ形態を確認してからどちらを利用する方を決めること!~

派遣先が見つかりやすい半面、契約上派遣会社が雇用主なため、受け入れ企業はインターン生の直接の引き抜きが難しいと言った弊害もあります。
そのため、どのような雇用形態でインターンシップとして受け入れて欲しいかは前もって決めておき、紹介か派遣か、受け入れ形態を確認する必要があります。

どちらも行っている会社も有るため、登録の際に希望を伝えるのが重要です。

インターンシップ紹介会社を利用する際には受け入れ先の雇用や契約携帯を確認すること!

インターンシップ先を見つけるために貢献するのが紹介会社であり、今後は就職事情や時期の変化から、ニーズが高まる可能性が非常に高くなっています。
一方で、登録したからと紹介会社任せにしては、希望通りの形でインターンシップに参加できない可能性もあります。
受け入れ先が見つかった際の雇用形態や契約形態も含めて、確認して登録することが重要と言えます。