インターンシップ選考で採用担当者の意図を汲んだ志望動機の書き方 | 新卒就活.com

2016/09/02更新

インターンシップ選考で採用担当者の意図を汲んだ志望動機の書き方

インターンシップは近年、人気が急上昇中のため熾烈を極めています。そんなインターシップを勝ち抜くためには、志望動機が重要になってきます。就活の前にあるインターンシップで、初めて志望動機を書く人が多いと思います。だからこそ、完成度には差が出てしまうものです。
今回は、志望動機を初めて書く人でも、ここさえ押さえておけば大丈夫な点と具体的な書き方をご紹介します。

インターンシップを行う企業は慈善活動ではなく目的に従って行う

architecture-1048092_960_720

学生側からはなかなか見えない部分なので、気づく人が少ないかもしれませんが、インターンシップを受け入れる企業は、時間やお金、人員を割いています。つまり、ただ学生を受け入れていてはマイナスになりかねないのです。
企業は利益を上げる宿命を背負っています。そのため、基本的に利益にならないことは行いません。したがって、学生を無料で受け入れるインターンシップには、それなりの価値を見出していると捉えることができます。
企業もインターンシップを慈善活動で行っているわけではなく、目的を持って行っているのです。

企業と学生にとってWin-Winなインターンシップ

インターンシップは、学生のためのものというイメージが強いですが、企業にもメリットが存在します。
学生側のメリットとしては、職業体験ができ、あわよくば内定がもらえます。企業のメリットは、採用活動前に優秀な学生を見つけられ、アプローチをかけられる点です。
このように、インターンシップは企業・学生にとってWin-Winになっているので、存続しているのです。

企業の目的を理解した上で志望動機を作成すると完成度が高くなる

mathematics-989131_960_720

志望動機を初めて書く際は、自分のありったけの思いを書こうとしてしまいがちですが、それは間違っています。志望動機は、感情論ではなく論理的に書かなければなりません
論理的に書くためには、企業のことを良く知っておく必要があります。ここまではよくやっている学生が多いですが、企業が何を求めて質問してきているのか、そこまで思考を巡らす学生は極わずかです。

志望動機も採用担当者が求めている答えがあります。計算式と同じように、質問の意図を解ければ、正解は導き出せます。これを志望動機でも応用できれば、選考通過率は必然的に上がるでしょう。求められている答えに沿って答えることができれば、説得力が増し、採用担当者に納得してもらいやすいのです。

それでは、企業が求めている志望動機に近づけさせるためにインターンシップの目的や意図を下記でご紹介します。

目的1:優秀な学生を発掘したい

人材=人財と書かれるように、企業は人あってこそ成り立っています。日本経済も低迷が続いており、企業が存続するためには、利益を生む優秀な人財が必要です。しかし、優秀かどうかは、面接などでは分からりません。
そこで、肉体・精神の強さ、頭脳、能力、コミュニケーション能力、ポテンシャルなどを見る場に持ってこいなのが、インターンシップです。インターンシップでは、実際の能力を確かめられるので、ミスマッチを防ぎ、将来の可能性も見定めることができるのです。

目的2:意識が高い学生が多いので成果が期待できる

就活が始まる前に行われるインターンに志願するということは、意識が高いことの表れになります。意識が高い学生は、仕事へ取り組む姿勢や熱意が強く、滞在能力も高く戦力になりうる可能性を秘めていると企業は考えます

企業としては、そういう学生は成果を残しやすいと期待を抱き、採用の欲望を掻き立てられるのです。企業は、学生であれ、あわよくば成果を出してもらいたい気持ちを腹の底に隠しています。
この点は、学生からしてみても成果を出せれば、特別オファーをもらえるかもしれないと期待を持てます。このように、インターンシップは、両者にとってメリットがある画期的なものなのです。

目的3:企業のPR

インターンシップの募集をする時には、広告を必ず出します。就活が始まると大手企業などにより、埋もれてしまう認知度が低い会社にとっては、名前を知ってもらう絶好のチャンスになるのです。
また、外部の人間を受け入れる姿勢からオープンなイメージを学生に与えられるので、ブラック企業ではないかという疑念も払拭できる格好の機会になります。

インターンシップの志望動機を書く際に外せないポイント

coffee-1246511_960_720

インターンシップの志望動機を書く際は、上記の企業の目的に沿った人物ということをアピールするだけでは不完全です。“志望動機”には、いくつか書くべき内容が決まっています。つまり、志望動機は書くべき内容+企業の目的に沿った人間であることを醸し出すようにしなければならないのです。

また、インターンシップとはいえ、採用を見越しての選考を行っている企業が多いと言われています。したがって、インターンシップの志望動機でもありつつ、内定を取りに行く志望動機でなければならないのです。

なぜインターンシップに参加するのか

まずは、何故インターンシップに参加したいのか、ここがはっきりしていないと、「なんとなく参加しているんだな」「見込み薄そうだな」と採用担当者に思われてしまいます。

・インターンシップになぜ興味を持ったのか
・インターンシップでなければならない理由はあるのか

最低限、ここは答えを用意しておきましょう。

冒頭でもご紹介しましたが、企業もリスクを背負ってインターンシップをしています。そのリスクを払いのけるほどのものがないと、合格は難しいと思ってください。

なぜこの企業なのか

志望動機は一社ごとに書き直す必要があります。どこの会社でも使える志望動機では手抜きがばれて選考通過は絶望的です。
選考を進めていくためには、この企業でなければならない理由を述べなければなりません。この理由は、企業研究や業界研究をしていないとしっかり答えられないものなのです。それゆえ、どれだけインターンシップに参加するために時間をかけて調べたのか、強い熱意がよく表れてしまいます。このように志望動機を見ただけで、人間性まで垣間見えてしまうので、しっかり練り上げて書かなければなりません

最低限、インターンシップ内容などを他社と比較し、検証しておきましょう。研修内容も知らないで応募してしまうと、企業と学生にとってマイナスにしかなりません。
事前準備なしでは、志望動機は書けないので、早め早めの行動を心がけましょう。

将来どうなりたいのかの、目的意識、何を得たいのか

また、将来何をしたいのか、参加目的、何を得たいのかを話せると説得力が上がります。このような意識がある人は、それなりの行動を起こすケースが多いので、企業側も合格を出して無駄にならないと判断できるのです。

・将来何をしたいのか
・興味を持った経緯
・今はその夢のためにどのような取り組みをしているのか
・今どこが足りない部分で、その克服のためにインターンシップを活用したい

上記のように、確かな理由を告げるといいでしょう。この部分がしっかり書けているとインターンシップを行う理由とリンクさせやすいです。

どんな強みを持っていて、どう会社に貢献できるのか

企業は、優秀な学生を望んでいます。その意図に合致するためにも自分の強みを明記しましょう。しかし、強みをただ並べてはいけません。
自分の「したい」と企業の「したい」がリンクしなければ、採用担当者に興味を持ってもらえず、自己主張の激しい自己中な志望動機になってしまいます。今回は、そうならないために企業側の目的や意図をご紹介しているのです。
常に企業側にも立って考える癖をつけて、企業の意図に沿った志望動機を作成しましょう。

初心者でもわかりやすいインターンシップの志望動機の例文

laptop-943558_960_720

それでは、上記の点を踏まえ志望動機を下記でご紹介します。

私は、子供の育成に関わる仕事に興味があり、成長過程に応じた玩具を取り扱っている貴社のインターンシップを通して、玩具業界を知りたいと考えています。

現在、子供の発達学を選考しており、年齢に応じた外的な刺激をいついかなる方法で与えるべきなのかを研究しています。研究中に赤ちゃんの周りにはいつも多くの玩具があることに気づき、そこに着目し、将来は年齢ごとに必要な外部刺激を与えられる玩具を発案していきたいと考えています。

しかし、その実現のために立ちはだかる障害、自分に足りない部分、業界の傾向などが把握できていない状態です。

そこで、貴社のインターンシップで「玩具企画」ができる内容に興味を持ち、この悩みの答えを見つけられるのではないかと思い、応募いたしました。

まとめ

desk-1082044_960_720

今回ご紹介した方法は、初心者の方からすると難しいように感じるかもしれません。しかし、ここまでしないと選考通過、内定までは得られません。インターンシップは、学生が考える以上に価値のあるものです。これを最大限活用できるかどうかで、その後の人生にも影響を与えます。

特に大手企業では、インターンシップを受けた学生の7割を採用しているともいわれています。希望の会社に入るためには、インターンシップが鍵を握っている場合もあるので、勝負どころです。
たかが、職場経験と思わずに内定を取り行く気持ちで臨んだ方がいい効果があるでしょう。