インターンシップ選考を突破するエントリーシートの書き方 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

インターンシップ選考を突破するエントリーシートの書き方

エントリーシート提出が必要なインターンシップ対策を紹介します。
インターンシップへの参加は自分の経験値を上げることや実力を試すこと以外にも、企業に対して自分をアピールする最大の見せ場だとも言えます。
しかしインターンシップに参加できなければそれらは一切経験もアピールも出来ません。

インターンシップに参加するにはエントリーシートが必要?

office-941302_960_720
通常インターンシップに参加する場合はエントリーシートの提出は必要なく、応募すればインターンシップへ参加することが可能となります。しかし人気の高い企業のインターンシップやもともと参加人数を少なくしているインターンシップの場合、参加するためにはエントリーシートの提出が必須となる場合もあります。

●人気の高い企業ではエントリーシートの提出が必要になる!!

その場合、エントリーシートの内容次第ではインターンシップ参加が出来ないことも考えられます。
エントリーシートが必要な場合それだけ多くの参加希望者がいると言うことになりますので、インターンシップ参加のためのエントリーシートも、企業側が選びたくなるような内容が必要になると言えます。
エントリーシートの内容が伴って初めてインターンシップ参加への扉が開かれると考えたほうが良いでしょう。

エントリーシートに求められるものは?

通常会社説明会形式のインターンシップであれば、まずエントリーシートの提出は必要ないでしょう。
しかし中~長期の体験型のインターンシップの場合、その参加が内定に直結することも少なくないため、参加者も多く企業側も出来るだけ優秀な参加者を選別しようとエントリーシートの提出を必須としていると言えます。

●インターンシップに参加するためには企業の目に留まる内容のエントリーシートが必要

そのため、提出するエントリーシートの内容が当たり障りのない平凡なものであった場合、企業の目に留まらずインターンシップの参加選考から漏れてしまうことにもなりかねません。
そうならないためには企業の目に留まる内容が必要ということになり、特に参加する志望動機に関しては企業も重要視するポイントだと言えます。

●企業が求めている人材に適合する能力があることをアピールする必要がある!

志望動機に関しては、ただ参加してみたいと言った曖昧なものでは意味がないと言えますので、出来るだけ内容がはっきりとしていることが重要となります。
例えば「御社の仕事に興味があり自分に合うかもと思い参加を考えました」では、具体的な志望動機がはっきりしていないため最もダメな例だと言えます。必要なのはインターンシップに参加する企業の業務内容をしっかりと理解し、どのような人材を求めているのか、自分はその人材に適合するだけの能力がありそれをインターンシップでどう活かしたいのかといった具体的な内容を記載することが必要だと言えます。

インターンシップのエントリーシートでも重要なポイント

エントリーシートに記載する志望動機以外に重要なのが自己PRです。
これはインターンシップに参加した場合に自分が何が出来るかということに直結するものだと言えますので、企業に対して何がアピールできるかを考えることが自己PRに繋がると言えます。

●結論ありきで自己PRの構成を組み立てると内容が伝わりやすくなる!

自己PRを書く際にはまず最初に結論、そしてその結論を裏付ける内容を記載することで、エントリーシートを見る人に自己PRで何が言いたいのか、自分がどのような人物で誇れるもの、特徴は何かを明確に伝えることが出来るでしょう。
結論を最後にしてしまうと最後まで長々と読み進める必要があるため、結論ありきで自己PRの構成を組み立てるのが良いでしょう。
その内容の出来次第では企業側に大きなアピールとなりますので、インターンシップ参加が非常に近づくと言えます。

インターンシップに参加するためには企業研究をした上で自己PRを書いたエントリーシートがカギ!

インターンシップのエントリーシート作成はインターンシップ参加できるかどうかに繋がる大事なものだと言えます。
企業側も出来るだけ良い人材を欲していますから、インターンシップといえどもアピールできる場と言えますし、その為にはまずエントリーシートをきちんと作成できるようにして、企業の目に留まるようにしましょう。