エントリーシートでの自覚している性格の答え方について | 新卒就活.com

2016/09/09更新

エントリーシートでの自覚している性格の答え方について

エントリーシートでの自覚している性格の答え方についてご紹介します。
エントリーシートで聞かれる質問の中に、「自覚している性格」に関して聞かれる場合があります。
その際は、ただ単に自分の性格を答えるだけでは意味がありません。
自分の性格がどのように企業へ活かせるのかをしっかりアピールするのが大事です。

エントリーシートにおける性格の答え方1,仕事で活きる長所を書く

business-841174_1280
エントリーシートでの自覚している性格の答え方として適切なのは、仕事で活きる長所を答えるようにするということです。
自覚している性格とだけ聞くと、単に自分の性格を書いてしまいそうなものですが、それが仕事で活きないものであれば、エントリーシートに記載してもなんの意味もありません。

●単に自分の性格を記載するのはNG!企業の特色に合わせた書き方が重要!

たとえば、「感情の起伏が少ない」という性格と「新しいことへのチャレンジが大好き」という性格だったら後者の方が大概魅力的に見えますよね。
ですから、エントリーシートに書く自覚している性格は、そのエントリーシートを提出する企業に合わせて、その仕事で活きそうな性格に変えていくようにしましょう。

エントリーシートにおける性格の答え方2,根拠を証明する

ただ「○○という性格です。」とだけアピールされてもエントリーシート上ではまず間違いなく信憑性はありません。
どうしてそういう性格だと自覚するに至ったのかというエピソードを必ずあわせて記載するようにしていきましょう。
「こんなところで、こんな苦労があったのに、こうだったからそういう性格だと思う」と書かれると、性格にも信憑性が出ますよね。

●性格に信憑性を持たせるエピソードが重要!

性格だけでなく、エントリーシートで何かをアピールする際にはかならずこうした証明をつけることが大切です。
文字だけではなかなか見えてこない分性格では特に重要となります。しっかり記載するようにしていってください。

エントリーシートにおける性格の答え方3,仕事への活かし方を答える

性格を聞かれたからといって性格だけ答えていても仕方ありません。
1を聞かれたら、1にプラスアルファをくわえて答えを返すのが社会人ですから、エントリーシートの段階でもそうしてプラスアルファを付け加えてあげましょう。
●自分の性格がその企業でどのように活かせるのかを具体的に呈示すること!

仕事に活かせそうな○○という性格を、実際その仕事のどんなところで活かせるのかというのを文字化して説明してあげるのです。
すると、ますますその性格が仕事に活きることがつたわってきて良いエントリーシートとなっていきます。
具体的にどこで自分のその性格が活きるのか、よく考えてみてください。

エントリーシートでの自覚している性格の答え方は必ずアピールにつなげた書き方をすること!

以上、エントリーシートでの「自覚している性格」の答え方のご紹介でした。
ただ単に性格を答えるのではなく、これらのことを参考にきちんとアピールできる性格を記載していってください。

エントリーシートや面接では意味のないことはありません。
どんなことでもアピールにつなげて答えることが求められていると思った方が良いでしょう。
どんな角度からでも自分をしっかりアピールできるように、自己分析や企業研究はしっかりやっていかないとなりませんね。
時間はかかるかもしれませんが、時間をかけた分だけ結果も良くなりやすいですから、是非がんばってみて下さい。