エントリーシートにおけるキャッチコピーの考え方 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

エントリーシートにおけるキャッチコピーの考え方

エントリーシートの中には自分のキャッチコピーを書く項目が設けられていることがあります。
目を惹くキャッチコピーを作ることができれば、先方に強く印象付けることができます。
そこでこの記事ではキャッチコピーの作り方や考え方について解説していきます。

エントリシートのキャッチコピーの考え方1,セールスポイントをまとめる

barcelona-943917_640
キャッチコピーを考えるにあたって、まず自己分析をします。
この際、紙に自分の長所や短所を並べてみるといいかもしれません。
もっともエントリーシートを書く前に、そういったことはすでに行われているでしょうから、書き上げたエントリーシートを参考にしてみるのもいいでしょう。
志望動機や自己PRの文章の中にはキャッチコピーのヒントが多分に含まれています。

~まずは自己分析をして自身の強みを把握すること!~

そしてその自己分析した中から、キャッチコピーに込めたいと思うセールスポイントを列挙していきます。
セールスポイントは自分が企業に知ってほしい、あるいは企業はこういった人材がほしいだろうといった点から挙げていきます。
ここで挙げたセールスポイントが、実際にキャッチコピーを作るときに役に立ちますので、しっかりと考えましょう。

エントリシートのキャッチコピーの考え方2,ポイントは名詞化

キャッチコピーに込めたいと思うセールスポイントをいくつか挙げましたら、いよいよエントリーシートに書くべきキャッチコピーを考えていきます。
この際、セールスポイントをどんどん名詞化していくと、多くの意味を持ったキャッチコピーが書けるようになります。

~名詞化したセールスポイントを組み合わせる!~

例えば、「明るい」「人と話すのが得意」「空気を読める」といったセールスポイントを挙げたとしましょう。
これらセールスポイントをいくつか別の物に例えるなどして、名詞化していきます。
この例ですと、「人と話すのが得意→おしゃべり」、「空気を読める→空気清浄機」というような名詞を作ることができます。
ここから「職場を明るくするおしゃべり空気清浄機」といった3つの意味を込めたキャッチコピーを作ることができます。
エントリーシートであれば、長い時間考えることができるので、名詞の組み合わせなど気が済むまで考えてみるといいでしょう。

エントリシートのキャッチコピーの考える際の注意点

短い文章で表すキャッチコピーは、思いつくまま並べるのであれば、さほど難しいことではありません。
例えば何もない状態から、自分のキャッチコピーを述べよと言われたとします。
そのとき、明るい性格といったものがぱっと思いうかべば、「豆電球よりあたりを照らす」といった具合に、すぐに出てくる人もいるでしょう。
あまりアドリブの効かない方でも、少し考えれば、すぐに出てくるでしょうからエントリーシートに書くのは簡単です。

~キャッチコピーを作る際は自分の情報をしっかり盛り込むこと~

ただ、あまり考えずに出したキャッチコピーは、文章に含まれる情報が少ないため語感がよくともすぐに見抜かれてしまいます。
ですからキャッチコピー作る際に工夫が必要です。
エントリーシートは面接と違い、考える時間が多くあるため、しっかり考えていきましょう。

エントリーシートのキャッチコピーは自己分析からセールスポイントをピックアップし名詞化して作る!

以上エントリーシートにおけるキャッチコピーの考え方についてご紹介しました。
エントリーシートに書くキャッチコピーを考えるにはまず、自己分析をすることが大切です。
そこからセールスポイントを抜き出し、それを名詞化することでいいキャッチコピーを作れるようになります。
もし自分のキャッチコピーについて悩んでいる方がいましたらこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。