エントリーシートにおける学歴の適切な書き方とは | 新卒就活.com

2016/09/09更新

エントリーシートにおける学歴の適切な書き方とは

エントリーシートにおける学歴の適切な書き方についてご紹介します。
エントリーシートは就活生にとって避けては通れない関門です。
そんなエントリーシートに必ず学歴を記入する欄があります。
たかが学歴と油断していてはいけません。
学歴を記載する際の注意点に気を付けながらエントリーシートを作成しましょう。

学歴欄の構成について/h2>
boy-183306_1280

まず、エントリーシートに学歴を書く際には基本的な書き方を押さえましょう。
エントリーシートの学歴の項目は、年、月、学歴・職歴というように構成されています。

●学歴の文字は中央に書くのがベスト!年表は統一すること

みなさんは学生ですので、一行目に学歴と記入します。
こちらの学歴という文字は行の中央に書くようにします。左詰めに書く人もいますが、中央の方がバランスよく見えます。
そして次の行からは、学歴を記入していきます。この際の注意点は和暦く西暦のどちらかに統一することです。
また年を間違えないよう年数早見表をうまく活用しましょう。このように基本的な書き方を押さえておけば問題ないでしょう。

エントリーシートでの学歴の書き方1,中学校から記載

 

次に具体的な学歴の書き方を説明します。多くの学歴がエントリーシートは、どの学歴から書けばいいのか悩んでいます。
一般的に中学校から書けば問題ありません。
しかし、例外もあります。近年では幼稚園、小学校から受験生をして有名私立校に行く人も増えています。
そういう人は、それらの学歴もアピールの一つとしてぜひ記入しましょう。

~幼稚園や小学校が私立の場合は記載してもOK!~

しかし、採用担当者がエントリーシートの学歴で採用の判断をすることはありません。
学歴を通して何かアピールしたいことがあるならば、自己PRなどに交えて話しましょう。
ここでは正しい書き方ができていれば問題ありません。

エントリーシートでの学歴の書き方2,

 
次に学生の皆さんがエントリーシートの学歴の書き方で間違いやすい点を紹介します。

~学校名は正式名称で書くこと~

まず一つ目は、学校名を省略しないということです。友人との会話ではありませんので、省略せず、正式名称で記入しましょう。
次に忘れがちなのが、コースや学科名の記入です。

~特殊なコースに進学した場合は必ず記載を!~

大学の学部、学科の記入はもちろんのこと、高校でも特殊なコースに進学した場合は必ず記入しましょう。
こちらはエントリーシートの学歴の中でも採用担当者が気にする点で、どんなことを学んできたのか質問されることもあります。
最後に、在学中に関しては卒業見込みと記入することです。見込み、という書き方をしっかり覚えておきましょう。

エントリーシートでの学歴は丁寧な字で正しく書くことが大事!

以上、エントリーシートにおける学歴の書き方を紹介してきましたが、もっとも重要な点は、間違いなく正しい書き方ができているかということです。
エントリーシート、履歴書は社会人の基本中の基本です。

学歴欄は多少ややこしい点もありますが、誰に見せても恥ずかしくないよう、正しく記入しましょう。
また、当たり前のことですが、字は丁寧に書くということです。
字はその人の人間性を表します。

ですので、学歴欄だからといって軽視せず、丁寧に書きましょう。
採用担当者の方が同じ大学や高校出身など意外な共通点があり、面接が楽しくなるかもしれません。