エントリーシートにおける箇条書きの使い方 | 新卒就活.com

2016/09/20更新

エントリーシートにおける箇条書きの使い方

就職活動のエントリーシートを書く際のテクニックの一つに箇条書きというものがあります。間違った箇条書きの使い方をすれば、それは選考に不利に働いてしまいますが、正しく使えば、見やすいエントリーシートを作ることができるため、大きな武器になります。
この記事では箇条書きの使い方について解説していきます。

エントリーシートで箇条書きをするメリット・デメリット

bookshelves-932780_640

エントリーシートの体裁は、まず設問があり、それについて回答を書いていくというものです。設問内容は志望動機を問うものであったり、長所や短所を問うものであったりと様々です。そんな設問の回答に箇条書きを使うということは、メリットとデメリットがあります。

~メリットは情報を簡潔に並べられる!デメリットは話に具体性が無くなる~

箇条書きのメリットは、情報を簡潔に並べることができるので、一見して見やすいという点にあります。手書きのエントリーシートではレイアウトのセンスも問われるため、見やすいというのは大きなメリットです。

一方で箇条書きは、短い文章で情報を羅列するため、回答に具体性がなくなってしまいがちです。そこがデメリットとなります。_箇条書きは文章の構成を考える必要があまりないため、書く側としても楽です。ただメリットとデメリットを理解せず、楽をするために箇条書きを使ってしまうと、いいエントリーシートを作ることはできません。

エントリーシートにおける間違った箇条書きの使い方とは

そこで、エントリーシートにおける間違った箇条書きの使い方について例をあげて見ていきます。

・設問・

あなたが学生時代に経験したことを教えてください。 

・回答・

バスケットボールサークルのリーダーを務めていました。 
震災復興のボランティアを行いました。 
一人で海外旅行をし、多くの国を回っていました。 
ゼミナールではゼミ長を務めていました。 
大学生活では……etc 
 
こういった箇条書きの使い方は間違いです。確かに、経験したことが簡潔に書かれ、見やすくはありますが、企業が知りたいのはこういうことではありません。何をして、そこで何を感じたのか、その経験から何を得たのか、企業が知りたいのはそういったところです。 
こういったエントリーシートはほとんどの場合でマイナスに作用するので、注意しましょう。 
 

エントリーシートにおける箇条書きの正しい使い方とは

 
では一体どのように箇条書きを使うのか、エントリーシートにおける箇条書きの使い方を上記と同じ例を使って見ていきます。 
 
・設問・

あなたが学生時代に経験したことを教えてください。 
 
・回答・ 

私は学生時代、ゼミナールでゼミ長を務め、震災復興のためボランティアに参加し、見識を広げるため海外に一人で旅行を行くなど様々な経験をしてきました。そしてこれら経験から以下の三つの教訓を得ることができました。 
1.人を動かすには説得と提案以外は邪道 
2.目の当たりにしないことには得られない感情もある 
3.多くの人とかかわるには、頑固ではいけない 

箇条書きはこのように文章の途中に挟むなどして、レイアウトを見やすくするために使いましょう。また、強調したい部分を箇条書きで記すとよりよいエントリーシートになります。 

エントリーシートで箇条書きを使う時にはレイアウトを見やすくすること

箇条書きは、見やすいエントリーシートを作るために有用なテクニックの一つです。
メリットとデメリットをしっかりと理解してから使うようにしましょう。 
もしエントリーシートを作る際に箇条書きをしようとしている方がいましたらこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。