エントリーシートにおける自由欄の書き方とポイント | 新卒就活.com

2016/09/09更新

エントリーシートにおける自由欄の書き方とポイント

エントリーシートを記載する際に自由欄が設けられていますが、いざ自由に書けと言われてもなかなか内容が決まらない人が多いのではないでしょうか。
しかし自由欄は自分を最大限にアピールできる場所でもありますので、記載内容をしっかり考えて書くことが採用への近道だと言えます。

エントリーシートの自由欄の書き方1,ポジティブな内容を記載

GREEN_enpitu-thumb-815xauto-18634
エントリーシートの自由欄は誰もが書く内容に迷う場所だと言えます。
しかし逆に考えれば何を記載しても良いわけですし、何を記載しても良いと言うことはそれだけ記載できる内容に制限が無いと言うことになります。

~自由欄は自分を最大限にアピールできる場所!~

そのためエントリーシートで記載内容を制限されている場合よりも自分のことを無限にアピールできるわけですから、非常に使い勝手の良いアピールの場だと考えたほうが良いと言えます。
多くの人が自由に書けと言われると必ず戸惑いますが、自由に書いていいわけですから自分の夢や過去の経験、これから会社に入って何を成し遂げたいのかといったようなことでも良いですし、過去の失敗談を記載すると言うのも悪くない選択だと言えます。
失敗談=マイナスではなくそこから何を学んだのかを付けくわえると、自分が失敗から成長したと言うことを企業へアピールできることになります。

エントリーシートの自由欄の書き方2,一つのことに絞り込む

エントリーシートの自由欄に記載する内容ですが、出来るだけ一つのことに絞り込んで書くことが重要だと言えます。
自由に記載していいのだからアピールできるポイントをたくさん書けばいいのではと考える人も中にはいるかもしれませんが、たくさんアピールポイントを書けば書くだけ内容が薄くなってしまうので、結果的にどれが最もアピールしたいポイントなのかが分かり難くなってしまいます。

~広く浅く書くと内容が薄くなる!狭く深く書くこと~

そのため欲張ってエントリーシートの自由欄に様々な内容を記載すると、言いたいことが分からない煩雑なものが出来上がってしまう可能性があると言えます。
ですから自由欄に書くことは広く浅くではなく、狭く深くを心がけたほうがより良い内容になると言えます。

エントリーシートの自由欄の書き方3,結果までの具体的なプロセスが重要

エントリーシートの自由欄に過去の実績などを記載する人もいると思いますが、もしそれを記載するのであれば注意しなければいけないのが単なる自慢話にならないようにすると言うことです。

~自慢話はNG!何を得て成長できたのかを具体的に記載すること~

例えば学生時代に賞を貰ったという自慢があった場合、確かに賞を貰ったことは凄いと言えますが、その賞事態は企業にしてみれば何の興味も無いことだと言えます。
重要なのは「その賞をどのようにして取ったのか、そこに至るまでに行ったことは何だったのか、賞を取ったことにより何が変わったのか」といったことですので、「賞を取りました、凄いでしょう」と言った内容でエントリーシートの自由欄が終わっていては何の意味も無いことになります。
そのため自慢話をするのは構いませんが、それが自慢話で終わらずにきちんと何を得て成長できたのかといった内容で終わるようにする必要があると言えます。

エントリーシートの自由欄の書き方は一つの事に絞って書くこと!自慢話にならないよう注意

エントリーシートの自由欄は自由だからこそ逆に書きにくいという側面もあります。
そのため、難しく考えずに柔軟な思考で自由欄を記載しましょう。
自由欄は企業へのアピールとして活用すれば良いのではないでしょうか。発想の転換も必要だと言えるでしょう。