エントリーシートに課外活動について書く時のポイント | 新卒就活.com

2016/08/04更新

エントリーシートに課外活動について書く時のポイント

エントリーシートに課外活動について書く時のポイントをご紹介します。
学生生活で重要なのは学業だけでなく、課外活動で学んだ経験も含まれます。
エントリーシートにアルバイトやボランティアの経験を書くのもプラスになるのです。
一方、経験自慢になってしまうとマイナスになる可能性もあるため、工夫が必要です。

エントリーシートにおける課外活動のポイント1,動機を明確に

woman-690844_640

就活を始めたばかりだと、課外活動が何を指すかがわからない場合もあります。
課外活動とは、サークル活動やアルバイト、ボランティアと言った学外での活動を指す言葉です。
その範囲は多岐にわたり、人の定義の数だけ課外活動があると言えます。
課外活動が何を指すかは想像力と、視野の広さを表すポイントでもあるため、目の付け所自体でエントリーシートの評価が上がる可能性もあります。

~ただ活動内容を書くのはNG!企業に関連づいた動機が重要!~

気を付けなければいけないのは、なぜその活動を選んだか動機をはっきりさせることです。
動機がわからず、漫然と結果だけを書いても心に響くものはないのです。
エントリーシートに書く以上は、志望企業との関連を持たせて書く必要性が求められます。

エントリーシートにおける課外活動のポイント2,学んで得たものを書く

エントリーシートで評価が高まる傾向が高いのはボランティアや海外経験です。
しかし、ただ箔をつけるためや話題性で課外活動のことを書くのは、前述の通りNGになります。
なぜ海外に行ったのか、なぜボランティアを行ったか、それを通して何を学んだかが重要なのです。
また、学んだことをどう活かすかも重要です。
学んだだけで終わってしまうと生産性がない人間だととらえられてしまいます。

~課外活動を通して得たモノを社会でどう活かすのか記載すること~

実生活の上でも、課外活動を経験してどのように変化があったかを書くことが重要です。
エントリーシートに記入することが、「視野が広くなった等」の当たり障りのない言葉であれば、個性がない、深く物事を考えてない人間と思われる可能性もあります。より深く突き詰めた意見を書く必要があります。

エントリーシートにおける課外活動のポイント3,読み慣れていることを想定する

エントリーシートを提出する際は、相手もエントリーシートを読み慣れていることを想定する必要があります。
志望人数がそもそも少なく、すぐに面接の機会を得られる規模の企業なら、当たり障りのないことを書いても影響は少ないと言えます。
しかし倍率が高い企業であれば、課外活動を書くときは内容を厳選し、考え抜く必要があります。

~動機→課題→課題→改善策→活かし方という流れで書くこと~

課外活動の結果が就職や企業生活にどう生きるかが重要で、動機から始まり、課題を見つけ、改善方法を考え、後に活かす流れが必要なのです。
その必然性の高さや、完成度によって人が惹きつけられるエントリーシートになるかが変わります。
ただし、文字数が増えすぎないように注意が必要です。

エントリーシートに課外活動を書く時は文字数をおさえて端正にまとめること!

以上、エントリーシートに課外活動について書く時のポイントについてご紹介しました。
エントリーシートに課外活動を書くことはプラスが多い半面、中途半端な話題では人事担当の心を動かすことは出来ないのです。
ストーリー仕立てでまとめながら、文字数をある程度抑え、端正にまとめあげる技術を合わせて初めて花が開くと言えます。