エントリーシートに資格を書く際の注意点について | 新卒就活.com

2016/09/06更新

エントリーシートに資格を書く際の注意点について

エントリーシートに資格を書く際の注意点についてご紹介します。
エントリーイートには資格を書く欄がある場合が多いです。
また記入欄がなくとも、自己アピールなどで所持している資格について書く就活生の方も多いと思います。
ですがただ保有している資格を書き連ねても意味がありません。

エントリーシートにおける資格の書き方1,ただ並べるだけはNG!

colored-pencils-179167_1280

エントリーシートを記入する際に、資格を書いたほうが印象が良くなるという話を聞いたこともあるでしょう。
確かにエントリーシートに自分が持っている資格を記載すれば、何も記載しないよりは確実に印象が変わると言えます。

●企業にとって有益となり得る資格のみを記載すること!

しかし資格なら何でも書けばよいと言うわけではありません。
誰にでも取れる様な資格をさも自慢げに書き連ねたところで、あまりプラスにはなりません。
そのためエントリーシートに記載する資格は、その企業の仕事や業種に必要なもの、企業にとって採用すれば有益になると感じさせることが出来る資格を書く必要があります。

エントリーシートにおける資格の書き方2,企業が必要しているレベルを吟味する

エントリーシートに資格を記入する場合、記入する資格は必要なものを吟味して記載するほうが良い場合もあります。
基本的には英検の5級や漢検の4級といった中学生レベルの資格はエントリーシートに記載しても何の意味も成しません。

●ビジネスの現場でも活かせるような資格を選ぶこと!

英検であれば2級以上、漢検であれば3級以上であれば資格として記載しても大丈夫だと言えます。
運転免許に関しては、普通免許であっても一応記載しておいたほうが良いと言えます。
特に営業などの仕事がある企業の場合は、運転免許が有るのと無いのとでは採用される確率が大きく変わりますので、記載しておくほうが良いでしょう。

エントリーシートにおける資格の書き方3,名前は正式名所で記載

エントリーシートに資格を記載する場合、必ず正確な名称で記載しなければいけません。
たとえとても取り難い資格であったとしても、正式名称で記載をしていなければエントリーシートを選考する人が何の資格なのか分かりません。
ですから正式名称で記載することが基本と言えます。

●分かり難い資格の場合は補足説明を付け加えておくと好印象!

例えば漢検であれば「日本漢字能力検定」が正式名称ですので、通称で漢検と言われていても漢検○級と書くのはNGとなります。
分かり難い資格の場合は、正式名称の後に何の資格かを簡単に記載しておけば、審査する人にも伝わり易くなりますのでそういった点にも気を配ると良いでしょう。

エントリーシートに資格を記入する際は取得した順で書くよう注意すること!

エントリーシートに資格を記載する場合、基本的にはその企業に関係のある資格を記載するのがルールだと言えます。

しかし誰でも取れる様な資格以外の難しい資格の場合、一応エントリーシートに記載しておくことで審査員の目に留まることもありますので、一応記載しておくほうが良いと言えます。

それと資格を記載する場合は取得時期が前後しないようにきちんと取得した順に記載する必要があります。
資格名を間違えていては元も子もありませんから、必ず記載前に確認をしてから記載するようにしましょう。
出来れば最初の段階で資格を整理してピックアップしておくとエントリーシートへの記載がスムーズに行えるでしょう。
資格は自分を知ってもらうために必要不可欠ですので、ぜひ活用して企業へアピールをしましょう。