エントリーシートの提出時期について知っておくべきこと | 新卒就活.com

2016/08/04更新

エントリーシートの提出時期について知っておくべきこと

エントリーシートはいつまでに提出しなければならないか、その時期についてご紹介していきます。
就活では、過半数の企業がエントリーシートの提出を求めてきます
また期限内に提出しないと選考に参加出来なくなってしまいますので、就活ではエントリーシートの提出時期を抑えておく事が大切です。

エントリーシートの提出時期は早くて10月頃から

notebook-428293_640
エントリーシートの提出時期については、明確なルールはありませんので企業によりまばらです。
年内が提出時期となっている企業もあれば、年明けが提出時期となっている企業もあります。
早い企業ですと秋口11月前後にエントリーシートの受付が終了する企業もあります。
特に金融系や外資系の企業は、国内企業よりもやや早い傾向があり、この11月前後を提出時期としてい事が多いです。
国内の大手系企業のエントリーシート提出が本格化してくるのは、1月~4月頃です。そして遅くとも6月頃までには1次募集のエントリーシート受付は終了します。

~気になる企業は11月初旬くらいに採用ページなどで確認すること!~

ただこれらはあくまでも目安です。いつエントリーシートを受付るかはその年の企業のさじ加減次第ですので、気になる企業は11月頃の早い段階から採用ページなどを確認し動きをチェックしておく事をおすすめします。

エントリーシートの作成時期について

エントリーシートを提出する上で、以下の点も考慮しておく必要があります。

●作成には時間が掛かる
エントリーシートを作成するにはそれなりの時間が掛かります。特に初めて応募する際には、記載ルールや記載内容を練るのに2~3日掛かってしまう事もあります。
ですので作成時間も踏まえた上で、提出時期を見る必要があります。
ルーズに考えて提出時期直前に作成を始めると間に合わないケースもありますので。

●事前にエントリーが必要
エントリーシートは別途、事前にエントリーを行っていないと、そもそも提出が出来ない事があります。
エントリー時期は、エントリーシートの提出時期より更に前になっている事もありますので、エントリー時期の方も別途気に掛けておく必要があります。
(エントリー+エントリーシート提出が同時の企業もあります)

●事前に会社説明会の参加が必要
エントリーシートは別途、事前に会社説明会に参加しておかないと、そもそも提出が出来ないことがあります。
またエントリーシート会社を説明会会場でのみ作成する場合もあります。
会社説明会の開催時期は、こちらもエントリーシートの提出時期より更に前になっている事もありますので、別途気に掛けておく必要があります。

この様に単にエントリーシートの提出時期だけ見ていると、提出が間に合わなくなる・出来なくなる事がありますので注意したい所です。

エントリーシートが提出期限に間に合わなかったら

もしエントリーシートの提出時期を逃してしまった場合は、以下の様な対策を行います。

●採用担当者に問い合わせる
エントリーシートが期間内に提出出来なかった場合でも、採用担当者に問い合わせれば個別に対応してくれる事もあります。
期限から数週間経っているなど、余りに遅れてから問い合わせた場合は拒否される事が多くなりますが、数日程度遅れた程度であれば個別に受付けてくれる事もあります。

●2次募集に掛ける
大手企業など大量の社員を募集している企業であれば、少し遅れた時期に、2次募集、3時募集が改めて行われる事があります。
後続の募集でエントリーシートを提出し選考に参加するというのも一つの手です。

●秋採用に掛ける
2次募集、3次募集も逃してしまった場合は、秋採用に掛けましょう。
秋採用の場合、一般的には8月~10月頃にエントリーシートの提出時期となってきます。
秋採用は全ての企業が行うわけではありませんが、最近は秋採用を実施する企業は増えてきていますので可能性は持てます。

~エントリーシートの提出時期を逃してしまった場合でも救済手段がある!~

この様にエントリーシートの提出時期を逃してしまった場合でも、いくつか救済手段はあります。
ただやはり遅れてからの提出は何かと分が悪くなりますので、極力、当初の期限内で提出する事が大切です。

エントリーシートは採用ページをチェックして提出時期をしっかり確認することが重要!

この様にエントリーシートは企業によって提出時期はまばらですし、説明会に参加したり記載内容を練ったりと提出まで行き着くにも手間が掛かります。
エントリーシートの提出時期を逃してしまっても救済手段があるからといっても、不利になってしまう場合がほとんどです。
ですので、出来るだけ早い時期から採用ページなどを見て提出時期を確認し、余裕を持って対応していく事をおすすめします