エントリーシートの自由記述に書くべき内容と効果的な活用方法 | 新卒就活.com

2016/09/09更新

エントリーシートの自由記述に書くべき内容と効果的な活用方法

エントリーシートの自由記述の書き方とポイントについてご紹介します。
エントリーシートは就活生が避けては通れない最初の関門です。
エントリーシートが通過できないと面接を受けることすら叶いません。
そんなエントリシートで一番困るのは「自由記述」です。
では自由記述の書き方とポイントをみていきましょう。

エントリーシートの自由記入欄

8cced6d37bf213628ee19281ad0cde7b_s

企業に提出するエントリーシートには、名前や経歴以外にも資格などを記入する欄が設けられています。
そういった指定項目の欄であればそれほど問題なく埋めることができると思います。
ですが、問題となるのはエントリーシートの自由記述ができる自由記入欄で、ここになにを書くかによって企業へ与えるイメージが大きく変化してしまいます。

~自由記述欄を空白のまま提出するのはNG!!やる気がないようにみられる~

基本的に自由記述せずに出すことも出来なくはないですが、やはり空欄で出すことはその人のやる気のなさといった捉えられ方をされる恐れがありますから、自由記述を記入せずに出すのはNGだといえます。

エントリーシートにおける自由記述1,自分自身のことを書く

エントリーシートの自由記述は誰もが何を書こうか迷うものだといえます。
基本的にエントリーシートで書その人の印象が決まるといっても良いですから、自由記述のテーマを選ぶのも非常に重要なポイントとなります。

~自分自身のことをポジティブに書くこと!~

最も記述し易いテーマは自分自身のことを分かりやすく記述することです。
尊敬する人などに関して自分の思いを記述したり、長所や短所の場合はここがいい所だけどここがダメ、だけどその短所もこうすれば逆に長所にもなりえるといった具合のポジティブな記述のほうが印象が良くなるといえます。
逆にネガティブな記述は印象を大幅に悪くしますので絶対に避けるべきテーマです。

エントリーシートにおける自由記述2,自分の将来を書く

エントリーシートの自由記述に書くテーマとして、自分の夢や会社に入った場合に成し遂げたいことなどを自由記述するのも、企業への印象を良くするテーマだといえます。
ただしこの夢や成し遂げたいことをただ漠然とエントリーシートに書くのはNGです。

~夢をかなえるまでのプロセスを具体的に示すことが重要~

その夢を叶えるためにこういったプランがありますとか、会社で成し遂げたいことはこれで、それを成し遂げるためにどういった準備などをしているといった具合に、具体的な道筋を示すことも重要となります。
漠然とした内容の場合、それをどうしたいのかというものが見えてきませんので、必ず自分の意思とプランなどを提示する必要があるでしょう。

エントリーシートの自由記述は企業側が就活生の考え方を知るツール!

エントリーシートの自由記述には意図が隠されており、エントリーシートを提出する人の考え方などが明確に現れるのが自由記述というものとなります。
決められたテーマがある場合にはそれに対する答えを準備してくるため誰もが同じような記述になるわけです。
自由記述の場合、個人の個性がそこに現れやすいため、企業がこの人はどういった人なのかを判別しやすいということに繋がっています。
そのため出来そうにもないことを大々的に記述する人は夢見がちで現実性のない人、ネガティブな記述が見え隠れする人は消極的な人といったように個人の性格なども現れますので、自由記述の記述には十分注意が必要です。