エントリーシートで質問される長所・短所を的確に書くための方法と注意点 | 新卒就活.com

2016/09/30更新

エントリーシートで質問される長所・短所を的確に書くための方法と注意点

エントリーシートの長所・短所の書き方と注意点についてご紹介します。
エントリーシートの質問に付き物である長所・短所。
ただ自分の長所と短所を述べるだけでは、採用担当者の目には留まりません。
長所・短所を書く時の考え方や注意点を参考に、エントリーシートを作成しましょう!

エントリーシートでなんで長所と短所を聞くの?

question-1500082_960_720

エントリーシートには、長所と短所を聞く設問があるケースが多いです。なぜこのような質問が投げかけられるのでしょうか?どの質問でも、必ず裏には聞く理由があります。
そこを把握しないまま、答えても的外れになりかねないので、求めている答えを知ってから、回答を作るといいでしょう。

分析力の有無を確認

自分を知らなければ、長所も短所も書くことはできません。つまり自己分析などがどれくらいできているかも図られているのです。自分を主観的に見ることをする人はいますが、適正な判断とは言えません。そのため、自分を客観視して見れるのかも合否の判断材料にされます。
自分が周りからどのように見られているか分析する力は、仕事をするうえでも役に立つので、今のうちから身に付けておくことをおススメします。

会社に馴染めるか

会社には、その会社の雰囲気に溶け込める人でなければ、人間関係でギクシャクしてしまい、早々に辞めかねません。そのため、企業は、うちの雰囲気でもやっていけるのかを見定めています。

長所が仕事に役立つか

長所は自分ではいいものだと思っても、それが仕事で功を奏さなければ、意味がありません。そこで、会社は長所を知って、仕事でどのような働きを見せてくれるのかを予想するのです。そこで、将来の像が見えたら、採用、ちょっとうちでは無理だなと思われたら不採用になってしまいます。

学生生活では役に立っていたと感じても、社会では通用しないことも多々あるので、社会を生き抜くための長所を探す必要があるといえるでしょう。

克服する覚悟があるのか

仕事をすると上手くいくよりも上手くいかない方が多いです。そのため、力強く進んでいく力と、現状から脱出するために行動できる人を企業は欲しています。

短所は、克服すべきものです。しかし、短所はもう治らない、治そうとも思わない人も中にはいます。つまり現状維持タイプですね。このような人は、会社からするとお荷物と捉えられてしまう可能性が考えられます。
そのため、短所をなくしていこうとする姿勢があるかで、困難インターンシップ立ち向かった時の姿勢を見ているので、短所をそのままにしない姿勢を示さなければならないのです。

エントリーシートの長所・短所の書き方1,仕事に関連する事を記載

cc-library010010970
エントリーシートを書く時に困ってしまう部分に、長所と短所があります。
ついやりがちな失敗に自分の性格について書いてしまう、というものがあります。
長所は明るいこと、短所はそそっかしいこと、などです。

長所と短所は性格ではない!仕事に直結する回答がベスト!

エントリーシートは、仕事に関することを書くものですから、仕事に直結する主張が必要です。
明るい、ではなくみんなでなにかに取り組むときには雰囲気を明るく保つことができる、というような方向から書いていくといいでしょう。

また、長所と短所がつながっていることを書くと、一貫していると感じることができます。
たとえば、長所の場合は積極的、短所の場合は先走ってしまうことがある、ということです。
あくまで長所も短所も自称ですから、考え方を見るヒントに使うものだということを考えておくといいでしょう。

エントリーシートの長所・短所の書き方2,具体的なエピソードで印象に残す

love-699480_960_720

エントリーシートに書くには具体的なエピソードがあると良いです。エントリーシートで長所と短所を伝えるとき、エピソードが一つあると読んでいる人の頭に残りやすいので良いです。
単に、根気があると書くよりも、病気の友人のために千羽鶴をひとりで仕上げたことがある、というようなことです。
より仕事に近いエピソードの方が効果が高いので、何が適しているかも考えましょう。

長所と短所が表裏一体となるような書き方が重要

短所に関しても同様です。
たとえば根気があるけれども動き出すことが遅いという場合は、出かける時に電車の運行状況や時刻表を調べてからでないと出かけられないが、ついつい調べすぎてしまって時間に遅れることがある、という書き方もあります。
たとえば研究職など深くのめりこんでもらいたい職場に対して、短所に見せて、実はそれほど短所でもないというように、長所を補強する書き方もできます

エントリーシートの長所・短所の書き方3,改善している姿勢をみせる

portrait-of-a-girl-1344645_960_720

ただ、長所、短所を一体化するという方法はそれなりに使い勝手の良い手法として知られています。
エントリーシートに書く場合は、強いエピソードを持っていないとむしろ印象に残らないという場合もあります。
そういう場合、直球勝負で、素直に短所をさらす方法もあります。ですが、ただ短所を書いてもなにもプラスにはなりません。

短所を改善している継続力と姿勢をみせることが重要!

短所の改善方法考えて実行し、現在でも意識してより良い状態にしようとしているといった書き方です。
たとえば
「自分は手際が悪く、アルバイトをしていても仕事を覚えるまでに他の人の何倍も時間がかかってきた。だから自分のように手際の悪い人に仕事を教えるにはどうしたらいいか人一倍時間を使ってきたので、気持ちもわかるし、改善するための方法も上達している」
というようなことです。
長所と短所を完全に分けて、しっかりと書かれていると印象に残りやすくなります。

エントリーシートに書く長所・短所は表裏一体!仕事に直結させる回答が重要!

office-336368_960_720

エントリーシートに書いてあることというのは、この先面接に進んだときに、参考資料として使われます。
つまり、エントリーシートに書いたもので、面接の質問をある程度左右できるのです。
長所・短所のエピソードに、自分のアピールポイントをつなげられるよう準備しておくと面接を有利に進められるわけです。

エントリーシートの長所・短所の書き方にはいろいろなパターンもあります。
こういう技術で印象を上げられると安心するのではなく、他の就活生もこうした技術を使っていると考えたほうがいいでしょう。
ですから、自分だけのエピソードや、考え方を伝えるきっかけである、と考えて、一歩でも前に出られるような工夫をしていくことが大切です。