エントリーシートをメールで送るときの注意点 | 新卒就活.com

2016/09/06更新

エントリーシートをメールで送るときの注意点

エントリーシートをメールで送るときの注意点をお教えします。
企業側からエントリーシートをメールで送ってほしいと言われることも多いでしょう。その場合にも注意点を守らなければ、選考突破には繋がりません。
今からエントリーシートをメールで送ろうとしている就活生には、必見のページです。

エントリーシートをメールで受け付ける企業が増えている!!

email-email-447456_1280
就活生の誰もが記入することとなるエントリーシートですが、近年ではネットの普及も手伝い、エントリーシートをメールで受付している企業も増えています。
メールでエントリーシートを送る際にも、紙のエントリーシート同様に注しなければいけないポイントが多数存在しています。

~エントリーシートのメールひとつがあなたの印象を左右する!!~

特にメールで送る場合には、送り方一つで企業のこちらへの印象が良くも悪くもなりますので、メールで送る際のマナーをしっかりと把握して企業へ失礼のないようにエントリーシートを送る必要があります。

特にメールの場合は手書きと違ってどうしても冷たい印象になりがちですので、送付の際の文章には注意が必要です。

エントリーシートをメールで送る時ののマナーとは?

エントリーシートをメールで受け付けている企業が増える中、メールで送る際のマナーも非常に問題となっています。

エントリーシートをメールで送ると言う作業は、ただ単にエントリーシートだけ送れば済むと言う話ではなく、初めて企業と接することになるわけですから、必ずエントリーシート以外の文章を添えて送るのが最低限のマナーであり礼儀だと言えます。

~挨拶と基本的な情報を添えたメールをかならず送ること~

中にはエントリーシートを添付して、中の文章は名前や学校名、住所などの基本情報だけで送ると言う人も少なからずいるようですが、これは社会人になろうとしている人として、非常に相手のことを考えていない、配慮に欠けた行為だと言えるでしょう。

そのためそういった内容でエントリーシートを送った場合は選考で落ちる可能性が高くなりますから、きちんと自分が誰であるか、何を送ったのか、企業への挨拶、最後によろしくお願いしますという文章を添えたメールを送る必要があるでしょう。

エントリーシートのファイル形式にも注意!!

エントリーシートをメールで送る場合、必ず企業が指定したファイル形式でエントリーシートを送る必要があります。

これは何故かというと、もし企業が指定した以外のファイル形式で送った場合、企業側でエントリーシートが開けないという事態になる可能性が高く、せっかく良い内容のエントリーシートであっても、一切読むことが出来ないと言うことになりかねません。

~企業がファイル形式を指定した場合はそれに従うのがマナー~

それ以前に、企業がわざわざファイル形式を指定しているのにも関わらず、それ以外の形式でエントリーシートをメールで送ること自体、きちんと企業の募集要項を把握できていないと捉えられますし、何より企業への配慮が全くできていない人間だという認識を持たれる恐れがあります。

そのためもしファイル形式が指定してあればその形式を、指定が無い場合は最も多く利用されているエクセルやPDF、ワードなどで送ると問題が起きにくいでしょう。

エントリーシートだと分かるような題名を件名に記載すること

エントリーシートをメールで送る場合、送ったメールがエントリーシートであることが分かるようにしておく必要があります。
企業によってはエントリーシート募集専用のメールアドレスを設定している場合が多いので、題名がエントリーシートだと分かるものでなくても大丈夫な場合もあります。

~エントリーシート募集専用のアドレスでない場合はそのままにされる可能性も!!~

しかし、最低限のマナーとして、メールの題名もエントリーシートであることが分かる題名にしておくことが必要となってきます。
特にエントリーシート募集専用のアドレスを設定していない企業の場合、送られたメールが何かわからないと、そのままにされてしまう恐れもありますので、メールで送る場合には題名にも気を配る必要があるでしょう。

エントリーシートをメールで送るときには件名を忘れない!挨拶・基本的な情報を添えること

エントリーシートをメールで送るときには件名を忘れないことです。

エントリーシート募集専用のアドレスでない場合には、メールを放置してそのままにされる可能性が大きいです。また、挨拶・基本的な情報を添えたメールを送るのを忘れないようにしましょう。

エントリーシートをメールで送る時には、以上の点にかならず注意しましょうね。