エントリーシートを印刷する際の注意点と紙・インクの選び方 | 新卒就活.com

2016/09/09更新

エントリーシートを印刷する際の注意点と紙・インクの選び方

エントリーシートを印刷する場合の注意点についてご紹介します。
企業によって様々ですが、近年ではエントリーシートを印刷して提出する場合が多くなっていました。もちろん手書きで提出する場合に比べて、印刷で出す場合は文字の綺麗さなどに気を使わなくて良いというメリットがありますが、同時に注意点もあります。

エントリーシートは印刷が主流!

busy-880800_640
エントリーシートの記入と提出は就職活動において避けては通れない大事な作業です。
通常は手書きでエントリーシートを記入するのが一般的ですが、近年ではエントリーシートを印刷で準備するのが主流になりつつあるため、印刷での提出を認めている企業も増えています。

~文字の綺麗さと仕事の能力は関係ないという企業の考えが影響している~

これは通常であれば手書きのほうがその人の人となりが分かるため良いと感じます。
ですが、実際の企業の立場からすれば手書きの文字と仕事の能力は関係ないため、印刷でも問題なしと考える企業が多いと言えます。
そのため文字を書くのが苦手な人は印刷でエントリーシートを作成すれば、文字の綺麗なエントリーシートを提出することが可能となるわけです。

エントリーシートを印刷する上でのNGポイント

エントリーシートを印刷する場合にNGとなる事例は、やはり印刷用紙に何を使用するかといったことでしょう。
エントリーシートを印刷する場合に使用してはいけない用紙の代表は、色のついた用紙、柄の入った用紙などは厳禁だと言えます。

~色や柄が入った用紙は厳禁!印字のかすれもチェックも忘れずに~

基本的にエントリーシートは重要な書類と同じ扱いになるため、色や柄が入った用紙は提出者の常識を疑われる原因になります。
それといないとは思いますが、もちろんコピー用紙の裏側などを使用するのはもってのほかですので絶対に印刷には使用しないようにしましょう。
あと印字がかすれているのも、非常に見辛いため必ず印刷が正しくされているかのチェックも怠らないようにしましょう。

エントリシートの印刷に使用すべき用紙とは?

エントリーシートの印刷に使用する用紙は、基本的に白い用紙を使用するのが基本です。
用紙サイズはA4が基本となりますので、A4の白い用紙を準備すれば良いと思います。

~A4サイズで少し厚手の白い用紙が適切!ペラペラの安すぎる用紙はNG!!~

ここで重要なのが、用意する白い用紙は出来るだけ上質の用紙を使用するほうが良いと言えます。
エントリーシートがぺらぺらのコピー用紙だと印刷時に滲んでしまう恐れもあります。
何より安い用紙を提出した場合、企業への印象も悪くなる場合があります。
そのため少し厚手の用紙、表面の色が真っ白に近い用紙を使用するほうが、企業へ与える印象も良くなると言えます。

エントリーシートを印刷で出す場合は用紙の設定とインクのかすれに注意!

エントリーシートを印刷する場合、用紙の選定、インクのかすれの有無なども重要ではあります。
最も重要なのは印字した内容に間違いがないかどうかということです。

エントリーシートを印刷した場合、見た目は綺麗に仕上がりますから非常に上品な感じに仕上がりますが、その内容に誤字脱字があると企業の受ける印象は最悪のものになります。
誤字脱字は事前にチェックすれば防げるものですから、それに気づかず提出してしまうようでは注意力が足りないと判断されても仕方がないと言えます。
そのため必ず印刷した後には内容を細かくチェックしてから提出することを心がけましょう。