エントリーシートを期限内に提出する上でのポイント | 新卒就活.com

2016/09/20更新

エントリーシートを期限内に提出する上でのポイント

現在の就職活動において、エントリーシートがまず選考の第一段階となります。企業はエントリーシートを見て多くの学生の足切りを行っています。特に志望度に高い企業のエントリーシートの作成には期限に十分な余裕をもって、自分で満足いく内容のエントリーシートを作成しましょう。 
 

エントリーシートは期限までにじっくり考えて作成!!

cc-library010011048
まずエントリーシートとはどのようなものなのでしょうか。
履歴書とは異なり、エントリーシートではそれぞれの企業で質問が異なります。
その質問の中で、どのような人物なのか企業は知ることができますし、学生は個性を出すことができます。

~納得いくエントリーシートを提出すること~

具体的な質問の内容は、自己PRや、志望理由、学生時代に力を入れたことなどごく一般的な質問や、学生が考える力があるか、を問う問題などもあります。

例えば、「新製品を考案してください」や「あなただったら、こういうときにどのような対処をしますか?」など就職後に自分で考えることができるかを問われます。
面接とは違い、エントリーシートは期限まで十分に考える時間がありますから、納得のいくエントリーシートを作成しましょう。

また、あまりに考えすぎて期限ぎりぎりになることは避けましょう。 

エントリーシート期限内提出にはスケジュール管理が大事

就活生にとってスケジュール管理は重要です。多くの企業の選考に参加することになり、それぞれの企業でエントリーシートの提出、面接、それに加えて学校の勉強、研究も並行して行わなくてはいけません。
現在では様々なスケジュール管理ツールがあります。エクセルやスケジューラーなどで就活専用のスケジュール管理を行うとわかりやすいでしょう。 

~まずは優先度の高いものを選ぶようにしよう~

就活をする中で、複数の企業でエントリーシートの期限が迫ることや、面接の日程が重なることもあるでしょう。
その時に、優先度の高いものを選ぶためにもスケジュール管理は重要です。
自分が今どの段階にいるのか把握するために、スケジュールは常に更新して、最新のものを確認できるようにしましょう。 

エントリーシートの提出において志望度の高い企業は早めに出そう!!

エントリーシートは大前提として期限内に提出します。よほどの理由がない限り期限を過ぎてからの提出は不可能です。
志望度の高い企業は、受付期間内の早い段階で提出できるようにしておきましょう。早く提出してくれた学生の方が熱意があると、採用担当が感じるかもしれません。
また、エントリーシートの提出に第一期、第二期のように複数の期限がある場合があります。

~第一期・第二期の設定があるならなるべく第一期で提出すること~

この場合にもできるだけ第一期の期限に間に合うように提出しましょう。もし第二期でエントリーシートを提出し、通過したとします。
面接で「第二期でエントリーシートを提出していたが、本当に第1志望なのか」と聞かれるかもしれません。
説明に大変困りますので第一期で提出した方が良いでしょう。  

エントリーシートを期限内に提出する上でのポイントは徹底したスケジュール管理!!

就職活動において、スケジュール管理は重要です。
自分がどの段階にいるのか、常に把握し、優先度を決めて行動しましょう。志望度の高い企業のエントリーシートは特に期限に余裕をもって、自分の納得のいく内容で提出しましょう