エントリーシートを封筒に入れて送付する際に重要なのり付け方法 | 新卒就活.com

2016/09/30更新

エントリーシートを封筒に入れて送付する際に重要なのり付け方法

エントリーシートを送付する封筒の閉じ方とのり付けについてご紹介します。
エントリーシートを企業に提出する場合、封筒にいれて送付するのが一般的です。しかし、就活生の中にはその封筒ののり付けを軽く見ている場合もあり、それが元で企業側にマイナスの印象を与える場合も少なくありません。そうならないための秘策をご紹介します。

エントリーシートの封筒をのりで閉じる理由とは??

office-574012_640
エントリーシートを企業側に送付する場合、必ず封筒に入れて封を閉じる必要があります。
その封を閉じる場合に用いるのがのりと言うことになるわけですが、何故のり付けして封を閉じる必要があるのか知らない就活生も少なくないと言えます。

封筒のマナーを知っているか確認されている

封筒は、社会人になってからも送る機会があります。しかし、そこまでいちいち教えてくれる企業は少なく、すでに身に付けている前提でいます。
そのため、封筒を送る時のマナーが身に付いているかも採用担当者は、確認しているのです。

不正を防ぐ意味でものり付けは重要視されている

のりで封をすると言うことは、エントリーシートを取り出す際に必ず封筒を切って開ける必要があり、それは中に入っているエントリーシートが途中で誰かに開けられて細工などをされていない証となります。

そのため、のりで完全に封をすると言う行為は、不正を防止する意味でも非常に重要な方法です。エントリーシートは企業に送付する重要な書類であると言う意識を持ち、誰かに細工をされないためにものり付けして厳重に送ることが重要となるわけです。

エントリシートの封筒のNGな閉じ方とは?⇒セロテープなどで簡易的な方法

tape-926495_960_720

エントリーシートを封筒に入れて閉じる場合、やってはいけない閉じ方と言うものがあります。
それはセロテープやホッチキスで簡易的に封筒の封をしてしまうと言う事です。
まずセロテープやホッチキスで封をしてしまった場合、のりとは違い、送付中に何かのはずみでセロテープやホッチキスが外れてしまう危険性があります。そうすると重要書類であるエントリーシートが途中で紛失という事態も起こり得ると言えます。

簡易的な閉じ方は紛失を免れない+マナー違反とみなされる

次に、誰かが封筒を開けて中のエントリーシートに手を加えるという危険性も全くないとは言えません。
セロテープやホッチキスは一度剥がして元に戻すことが可能なため、不正を行う事が可能なものだと言えるわけです。

そして何より重要書類を送付する場合のマナーに反していると言えます。
企業側もセロテープやホッチキスで封をしたエントリーシートに関しては、マナーがなっていない申し込み者だと言う認識で、エントリーシートを受けとります。その時点でマイナス評価になることは言うまでもありません。

エントリーシート送る際の封筒の選び方は?

hand-1076597_960_720

封筒ののり付けも重要ですが、そののりをつける封筒も適切なものでないといけません。では、どのような封筒が適切なのでしょうか?

A4サイズが入る封筒を選ぶ

エントリーシートは、ほとんどのサイズがA4になっています。重要な書類というものは折り曲げることはあまり好ましくないので、できるだけ折り曲げないために、A4サイズの封筒を選ぶのがいいのです。

白か茶色が無難

封筒の色も様々なものが販売されていますが、企業に送るので、常識のあるものを選ぶ必要があります。そのため、白や茶色など無難な色が望ましいです。

封筒の正しい書き方とは?

write-593333_960_720

封筒には書き方が存在します。学生のうちはなかなか送る機会がないので、マナーを知らずに送ってしまう人もいます。しかし、それではマイナス評価になってしまう可能性があるので、しっかりルールを知っておかなければなりません。

表面:宛先

住所は、ハイフンなどを用いずに「○丁目○番地○号」と書きましょう。
また、株式会社を省略して(株)と書いてしまいがちですが、略式は失礼に当たりますので、控えましょう。

敬称も何が適切なのか迷いますが、企業・部署などは「御中」、採用担当者の個人に送る場合は、「様」で書くのが正しい敬称です。

表面:エントリーシート在中と書く

封筒には、何が入っているかを書かなければならない時もあります。特に就活中では、書く必要があると唱えられているので、書きましょう。
書く場所は、封筒の表面で、左端のやや下方に「エントリーシート在中」と赤文字で書きます。

裏面:差出人情報

差出人の住所は裏面に書きます。封筒に中央にラインがありますが、そこを基準に右側に郵便番号、住所を書きます。
中央ラインから左には大学名、学部、学科、氏名を記載します。名前はやや大きめの字で書くといいでしょう。

裏面:郵送する日付

いつ出したのかも分かるように、日付を書きます。封筒の左上に書いてください。

エントリーシートを入れるときは向きに注意

完成した封筒にエントリーシートを封入する時には、表裏の向きの確認もしましょう。封筒の表裏とエントリーシートの裏表をそろえてください。

エントリーシートの封筒の適切な閉じ方とは?⇒のりづけして「〆」と書く

tinkering-1177332_960_720

封筒の記入が済んだら、エントリーシートを入れたら、最後の仕上げとして封をします。このとき、封筒の入り口をきちんとのりで留めることが重要です。のりは出来るだけはみ出さないように塗りましょう。出来れば封筒を綺麗に封ができるスティックのりを使用するほうが良いでしょう。

封をしたら必ず閉じた中心の部分に「〆」を記入し、封筒が開けられていないと確認が出来る状態にしましょう。

「〆」を記入を忘れずに折れないように送付する

〆マークが無くても大丈夫だという企業もあるようですが、最低限のマナーとして〆マークは記載する方が良いと言えます。
あとは折れないように企業へ送付すればOKとなります。ファイルに入れて送付する方法もあるので試してみてください。

エントリーシートを送付する封筒をのり付けして閉じたら「〆」を記入を忘れずに!

coffee-1128138_960_720

エントリーシートを入れた封筒ののりでの封は、最低限のマナーです。エントリーシートを安全に企業へ送付するために必要不可欠なマナーですので忘れないようにしましょう。

そのため、セロテープなどを使用せず、スティックのりで封をして、閉じたら「〆」を記入してください。マナーに則った封のやり方を実践しましょう。