エントリーシートを速達で送る時のポイント | 新卒就活.com

2016/09/06更新

エントリーシートを速達で送る時のポイント

エントリーシートを速達で送る時のポイントをお教えします。エントリーシートを速達で送ると印象が悪くなるのではないかと心配な就活生も多いのではないでしょうか。速達で送る時には押さえるべきポイントを知っておけば、悪印象を与えません。就活生には必見のページです。

エントリーシートを速達で送っても印象が良くなることはない

spider-monkey-637060_1280

エントリーシートを速達で送る際の印象としてまず最初に言えるのがエントリーシートは速達で送ったからといって印象がよくなったらり、有利になったりすることはないということです。
一番に届いても15番目に届いてもそれは誤差の範囲内ですし、印象にまったく差はないと思った方が良いでしょう。

~エントリーシートにお金をかければ印象が良くなるというのはウソ!!~

速達でエントリーシートを送るとお金をかけている分印象が良くなるという都市伝説もありますが、それはまずありえないのです。

会社には膨大の量のエントリーシートが届くわけですから、別段そこまで気にしている人はいません。ですから、速達で送っても印象が良くなることはありません。

エントリーシートを速達で出せば印象が悪くなる可能性大!!

エントリーシートを速達で送ると、逆に印象が悪くなることはあります。就活を担当するような人事担当の方々は、それなりにベテランであることが多いので誠実で真面目な人物を求めていることが多いです。

~少しでも印象を良くしたいという浅い考えが見透かされてしまう!!~

ですから速達で送ってちょっとでも印象が良くなったらいいな…という浅い考えは簡単に見透かされ、そうした行為がちょっとしたずるととらえられて印象が悪くなることがあるのです。

もちろん上記のとおり、わざわざそこまで気にしない人がほとんどです。そして印象が悪くなることはまれですが、エントリーシートを速達で送ることは決してオススメできることではありません。

エントリーシートのぎりぎりの速達は印象が最悪になる

エントリーシートを速達で送り、確実に印象が悪くなることもあります。それが、締切ギリギリにエントリーシートを速達で送ることです。どうしても速達で送らなければならないほどにエントリーシートを提出しなかったのですから、熱意が低いと思われることは間違いありません。

~熱意が低いと思われて印象が最悪になる!!なるべく早く普通郵便で出そう~

熱意が低いと思われるということは、印象が悪いということになりますよね。

志望度が低いと思われなくても、締切ギリギリまで行動しない人物だという悪い印象を持たれてしまうこともあります。このように、エントリーシートを締め切りギリギリに速達で送ると、まず確実に印象が悪くなります。

エントリーシートは速達ではなく普通郵便でなるべく早く送るのがベスト!!

エントリーシートを速達で送る際のポイントは以上となります。
確かに速達で送った方が印象が良くなるかなと思うものですが、ここまでに紹介してきたとおり、決してそんなことはありません。

お金の無駄ですし、余計な不安を招くだけだと言えるでしょう。ですから、エントリーシートは基本的に普通郵便で送るようにしてください。普通郵便で送るためには、なるべく早くエントリーシートを作成し、なるべく早く郵送できる状況にしないとなりません。エントリーシートの作成を最優先に考えて、しっかりスケジューリングして普通郵便で送れるようにしていきましょう。