エントリーシート作成における重要なポイントとは | 新卒就活.com

2016/08/04更新

エントリーシート作成における重要なポイントとは

エントリーシートは作成して企業に提出する重要な書類という位置づけのため、就職活動の行く末を決めるといっても過言ではない書類だといえます。
そのためエントリーシート作成に関して必ず抑えておくべきポイントがあり、それを抑えるか抑えないかでエントリーシートの出来も大きく変わってくることになります。

エントリーシート作成ポイント1,読み手を考える

studying-951818_640
エントリーシート作成で失敗しやすいのが、エントリーシートが単なる自己満足の内容で構成されてしまうという失敗です。
基本的にエントリーシートは就職を希望する企業に提出してその企業の採用担当者が目を通すことになります。
そのためエントリーシート作成において重要になるのは採用担当者に内容を理解してもらえるかどうかが最も重要になるわけです。
そのためエントリーシートを読んだ場合に自分では理解できる内容であっても、それが企業側に伝わらなければそのエントリーシート作成は失敗しているということになります。

~採用担当者の視点を持つことが重要!~

自分で見て分かりやすいのは当然のことであり、それはエントリーシートの内容が自分の体験に基づく内容であるためで、書いてあることが頭の中の記憶とリンクしているため自分では分かりやすいと感じるわけです。
しかし採用担当者にはそういった記憶もなければ体験もないため、エントリーシートの内容が曖昧な内容や頑張った・努力した・辛かったといった抽象的な内容の場合、全く伝わらないものとして処理されてしまうことになります。

エントリーシート作成ポイント2,事実を簡潔に書く

エントリーシート作成において重要なのは、事実を事実として簡潔に相手に伝えるということが重要になります。
そのため自己を書く場合であれば、過去にこういった経験があり自分の能力がそのときにどのように活かされたのかといった具合に自己PRを書かないと、相手には全く何をPRしたいのかが伝わらないといえます。

~説得力のある志望動機が必須!曖昧な内容はNG!~

志望動機に関しても同様で、ただ漠然とその企業に憧れているといった内容ではあまりにも志望動機が曖昧すぎて志望動機として成り立たないということも考えられます。
そのためその企業のな何に惹かれたのか、企業に就職することで何を企業に対して自分が行なえるのかといった具体的な内容が、志望動機にも求められるといえます。もちろん簡潔に記載するというのが基本だといえます。

エントリーシートを作成する際の注意点

エントリーシート作成では内容も重要ですが読みやすさも非常に採用担当者は重視します。
なぜなら読みやすいエントリーシートはそれだけで採用担当者の目に止まるといえ、逆に読みにくいエントリーシートは採用担当者も敬遠してしまう確立が極めて高いといえます。
これは簡単に言えば読みにくいエントリーシートはそれだけでエントリーシートとしての作成に失敗しているといえるわけです。

~正確に書くことが求められる!誤字脱字・年号の統一など注意!~

そのため記入するときの文字の丁寧さ、文字の大きさを同じにするという気遣い、年号などを統一して書くという基本に則った書き方を実践すると、エントリーシートがとても読みやすいものになるといえます。
内容だけ出なく見る相手のことを考えたエントリーシート作成が、最も重要なポイントだといえるでしょう。

エントリーシートを作成したら第三者に見てもらうのも手!

エントリーシートを作成する際のポイントと注意点にについてご紹介していきました。
エントリーシート作成は自分のために作成するのではなく、企業のために作成するということを必ず頭に入れておく必要があります。
一度、エントリーを作成したら第三者に見てもらい、アドバイスをもらうなどして修正していく作成方法も有効だと思います。
そのため自画自賛のエントリーシートでは意味がなく、自分ではなくほかの人が見てよいと感じるエントリーシート作成を心がけるようにしましょう。