グラフィックデザイナーに歓迎される自己PR3選 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

グラフィックデザイナーに歓迎される自己PR3選

グラフィックデザイナーを目指して採用を勝ち取るためには、自己PRもその職種に相応しい内容にする必要があります。
どのような自己PRが採用に有利なのでしょうか。
グラフィックデザイナーの仕事の特性や必要となる資質からみた、有効なアピールの方法をご紹介します。

グラフィックデザイナーに必要な自己PR1,ソフトのスキルとデザイン力

workstation-405747_960_720
グラフィックデザイナーは、デザイン系のソフトを使ってレイアウトやデザインを行う仕事です。
そのため、デザイン系ソフトのスキルが必須です。
自己PRでは、デザイン系ソフトの経験や実績があれば確実に有利に働きます。それらの作品などの提示があればさらにアピール力がありますので準備しておくと良いでしょう。

●実物を見せてデザイン的センスの良さや独自の発想力をアピールしよう!

またグラフィックデザイナーは、デザイン力やセンス力、発想力も問われる仕事です。
そのような能力を学生時代に磨いた経験があれば、その内容や実績もぜひアピールしたいポイントです。
ポスターやカタログなど様々な広告物のデザインを行うのが一般的なグラフィックデザイナーの仕事であるため、デザイン的センスの良さをアピールできる自己PRの内容にポイントをおければ、採用に有利と言えるでしょう。

グラフィックデザイナーに必要な自己PR2,資質を証明する

グラフィックデザイナーは、クリエイターとして一つのものを作りあげる創造的な仕事と言えます。
求められる資質としては、まずはクリエイティブなことが好きである人が適任と言えます。
デザインすることやそれを考えることが好きである部分も重要な自己PR内容と言えるでしょう。

●グラフィックデザイナーの適正がある性格面をアピールするもの吉!

一方、グラフィックデザイナーの場合、デザイン力以外にも必要な資質があります。
それは、作業を継続できる資質です。
画面に向かい一日作業する仕事ですから、そのような適性がある点もアピールできます。
また期限に間に合わせる必要があるため時間外の仕事も多発しがちですが、好きなことなら夢中になれるような資質もアピールポイントと言えます。
さらに画像処理やデータ管理などの細やかな作業も多いため、地道な作業も厭わない几帳面な性格も自己PRとして有効です。

グラフィックデザイナーに必要な自己PR3,協調性をアピール!

グラフィックデザイナーは、ライターやカメラマンなど他のクリエイターとチームワークを組んでひとつの作品を作り上げるケースが多いものです。
そのため協調して仕事を進められる能力が必要です。
それに即した自分の性格があれば、今まで経験したエピソードを交えて自己PRに盛り込むとグラフィックデザイナーの採用に有利です。
学生時代にチームワークを組んで行った経験などがあればアピールしましょう。

●チームワークを組んだ経験をアピールすると効果的!

グラフィックデザイナーはクリエイターとしてしっかり意見が述べられ、かつ相手の意見も聞けると言う資質も必要です。
意見を交わし合い、共同で一つの作品を創造していきますので、発言力や積極性、また相手の意見を尊重できる能力、柔軟性などと言った能力もグラフィックデザイナーには重要です。
自分にそのような資質があれば、事例とともに自己PRに積極的に活かしましょう。
グラフィックデザイナーは、デザイン力ばかりでなく、そのようなチームワーク能力も大切なのです。

グラフィックデザイナーの自己PRでは能力以外でも協調性などの性格面でアピールすると効果的!

グラフィックデザイナーを目指す場合の自己PRには、まずはデザイン系ソフトの経験やデザイン力など、デザイナーに必要な能力に関する自己PRは重要です。
またグラフィックデザイナーの仕事に求められる資質として、クリエイティブな作業が好きな点も重要です。
作業の特性上、継続力や几帳面な性格もアピールしたいポイントです。
さらにチームワークが必要な仕事として、それに適した自己PRは大変有効と言えます。