グループディスカッションでよく出題されるテーマ例 | 新卒就活.com

2016/08/24更新

グループディスカッションでよく出題されるテーマ例

グループディスカッションで出題されるテーマには、以下のようなものがあります。事前に自分なりに考えておくことで、「何も喋れなかった」「うまくアピールできなかった」「表面的なことしか言えなかった」といった失敗を防ぐことができます。

1. 応募先企業の商品・サービスについて

応募先企業の商品・サービスをテーマとしたものが多いです。他にも企業のブランドスローガンを考えたり、現状の課題と解決策を考えたりするものもあります。企業の抱える実際の問題に取り組ませて課題解決能力を見たり、その企業の商品・サービスに疑似的に触れさせることで応募意欲を向上を図ったりします。

例:

  • 弊社の新しいサービス(商品)を考えて下さい
  • 弊社の新しい商品のキャッチフレーズを考えて下さい
  • 弊社の新規事業を考えて下さい
  • 弊社の現状の課題と、その解決策を考えて下さい
  • 弊社の取るべき今後の戦略を考えて下さい

2. 応募先企業の採用について

応募先企業の求める人物像など、企業の採用について考えてもらうものです。基本的なコミュニケーションが取れるかなど以外に、企業研究の程度や発想力なども合わせて見る目的があります。

例:

  • 弊社で活躍出来る人材に必要な能力を考えて下さい
  • 弊社が求める人物像を定義して下さい
  • 弊社が良い人材を確保できる採用方法を考えて下さい

3. 就職活動について

就職活動そのものをテーマとする企業も多いです。こうした抽象的なテーマには正解がありません。そのため就活生同士の意見の擦り合わせが必要となるケースが多いです。そうした中で円滑な議論を進行出来るか、リーダーシップやコミュニケーション能力、協調性がより重要となります。

例:

  • 就職活動における「成功」とは?
  • 会社選びにおいて重要なことは?
  • 今の就職活動の問題点と解決策
  • 大手就職とベンチャー就職のメリット、デメリットは?

4. 仕事について

仕事についてのイメージや、仕事において大切にするもの等もテーマとなります。これも正解がありませんので、いかにチーム全体で意見をまとめていくか等、3.と同じ難しさがあります。また仕事に対する考え方が自社と合っているかを見る目的もあります。

例:

  • 仕事におけるやり甲斐とは何ですか?
  • 仕事における「成長」とは?
  • 就職活動生が惹かれるビジネスパーソンとは?

5. 業界について

業界の動向以外に、業界のトレンドについて議論したりするテーマが多いです。たとえば、IT業界ですと、ソーシャルアプリや電子書籍などで「これから流行るアプリ、電子書籍は?」といった具合です。

例:

  • この業界で勝ち抜く為に今後必要なことは?
  • 今後、業界がどう変化していくか?
  • 業界最大手の◯◯社に勝つために、採るべき戦略は?

6. 時事問題について

3.の「就職活動について」と少し被りますが、それ以外の時事問題について議論するテーマも多いです。経済系のテーマをメインに、教育的なテーマや福祉的なテーマなどが多いです(教育であれば学力偏重型の教育や大学の定員割れなど、福祉であれば待機児童など)

以上となります。ですが、これはあくまでも例に過ぎません。常に様々な物事にアンテナを張り、自分なりの意見を持つことを意識することが重要です。