グループディスカッションで評価される4つの能力 | 新卒就活.com

2016/08/23更新

グループディスカッションで評価される4つの能力

グループディスカッション(GD)では、何よりも「協調性」が見られています。極論、これだけで通過できる場合も少なくありません。
グループディスカッション(GD)は、面接やエントリーシートでは見えにくい力=「他人と協調して仕事ができるか否か」を見極める為に行われます。「仕事ができるか否か」は、面接だけでも推し量ることができますが、他人との協調性は面接ではなかなか見えません。よって、グループディスカッション(GD)では「他人と協調して」という部分に評価の重きが置かれます。
ですが、やはり武器が一つでは少々心もとないですし、加えて企業も複数の要素を評価基準として設けているのが普通です。なぜなら「協調性」は、職場の空気を乱さない、空気を読むといった「仕事環境」に係わる要素であり、社会人として持っておくべき最低限の要素だからです。つまり、協調性があるから仕事が出来るとは限らないのです。