サマーインターンシップに参加する上で、意識すべき5つのポイント | 新卒就活.com

2016/08/24更新

サマーインターンシップに参加する上で、意識すべき5つのポイント

インターンシップは、種類によっては企業側が学生の選考を行っているケースもあります。ですので参加中の振る舞いや発言について、重々気をつけておきましょう。今回はそんな参加中に意識すべきポイントについて簡単にお伝えできればと思います。

1. 基本的なビジネスマナーを押さえておく

家庭や大学での振る舞いをそのまま持ち込んでしまうと、失礼にあたります。基本的な敬語や所作などは最低限押さえてから臨むようにしましょう。

特に注意が必要なのは、一定期間を要するプロジェクト型や就業体験型のインターンシップです。後者の場合、実際に仕事をするので大丈夫かもしれませんが、前者は私服参加もOKだったり、仕事とは違うワークや座学が多いので、どうしても学生同士で話をしたり絡んだりする時間が多くなってきます。すると2〜3日も経てば仲良くなって、思わず言葉遣いやマナーまで気が回らなくなる人も出てくるものです。採用担当者とも同様です。仲良くなってくると、思わず普段の友達付き合いと同じ感覚で話しかけたりしてしまいかねません。ですが、そうした部分もしっかり見られていますので、常に気を緩めることがないように気をつけておきましょう。

2. メモを取る等の基本的な取り組む姿勢を疎かにしない

インターンシップに取り組む上で、たとえば聴いた話をメモしない等の姿勢は感心されません。知りたい、学びたいことがあるから参加しているのに、社員の話をメモしないのは失礼です。またそれ以外にも、(マナーの話も少し被りますが)社員の話を頬杖をつきながら聴く、積極的にワークに参加しない等、積極的に参加しない姿勢は総じてマイナス評価になります。

インターンシップで評価される学生は、2通りです。
1つは「ずば抜けた能力を発揮した学生」「圧倒的な成果を出した学生」、もう1つは「圧倒的な成長が見られた学生」です。そして後者に当て嵌まる学生の大半は、この「積極性」が違います。たった3〜4日のインターンシップでも、参加意欲や本気度の高い学生は驚くような成長を見せます。最初は失敗ばかりでも、それを恥ずかしがらずに積極的に前へ出て行ける積極性を持っている学生、企業が惹かれるのはそうした学生です。

3. 学生には様々な人がいる

インターンシップには、多ければ50人近くの学生が参加するものもあります。それはつまり、それだけ多くの性格や価値観が存在するということです。そうなると、どうしても考え方や価値観が異なる(場合によっては真逆の)人も出てきます。たとえば、プログラムの中でグループディスカッションなどを行った際、対立や言い合いになってしまうこともあるかもしれません。

ビジネスシーンでは、気の合わない顧客と付き合ったりすることも日常茶飯事です。それがビジネスです。自分の考えや価値観と合わないからといって、それだけで話すのを止めたり、嫌ったりすることがないように気をつけましょう。自分の考えは決して絶対ではありません。相手の考えも冷静に受け止めるようにしましょう。

4. 目標を明確に意識しておく

インターンシップに参加する以上、何らかの目的があると思います。「これこれについて学びたい」といった目標です。参加中はその目標を達成できているのか、常に意識しながら行動するようにしましょう。振り返った時に「楽しかった」「面白かった」などの感想程度のことしか言えなくならないように気をつけましょう。たとえば毎日の目標をノートに書いておき、開けば目につくようにしておくといった感じです。こうした基本的な部分を疎かにしないように気をつけましょう。

5. 社員の振る舞いに目を光らせよう

評価とは少し違う話になりますが、社員の考え方や発言、振る舞いなどを観察することをオススメします。
インターンシップ期間は堂々と社内を観察できる貴重な機会です。社風を肌で感じるのに、これ以上の機会はありません。どういった考え方の人が多いのか、何を目指して仕事をしているのか、仕事で大切にしていることは何か等、自分から訊いてみるのも良いでしょう(大体答えてくれます)
ですので、インターンシップに参加する前は、事前に企業研究をしっかり行っていくことをオススメします。自分の研究結果が的を射ているのかを確かめたり、研究の過程で生じた疑問を解消する絶好の機会です。

以上、インターンシップに取り組む上で意識しておくべき5つのポイントになりました。数少ない貴重な機会をしっかり活かす為にも、事前の準備が大切です。後悔することがないよう、しっかりとマナーを押さえたり、企業研究を行ってから臨むようにしましょう。