スーツとリクルートスーツの違いとは | 新卒就活.com

2015/11/26更新

スーツとリクルートスーツの違いとは

スーツとリクルートスーツの違いについてご紹介します。
就活に必ず必要なリクルートスーツですが、そもそも通常のビジネススーツとの違いは一体何なのでしょうか。
一見同じように見えるスーツとリクルートスーツの違いを知ることで、リクルートスーツ選びの参考にもなるといえます。

リクルートスーツの定義とは?

corporate-635886_640
就活生が着用するリクルートスーツですが、そもそも一般的なスーツとの違いは何なのでしょうか。
実はリクルートスーツとスーツには違いはなく、黒や紺の無地のスーツのことを販売店がリクルートスーツと呼んでいるに過ぎないといえます。

~リクルートスーツとは就活生向けの商品名~

そのため通常のビジネススーツとリクルートスーツを比べても形や機能性面では全くといっていいほど違いが見つからないといえます。
要するにリクルートスーツとは、就活生をターゲットにした商品名だと考えればよいわけです。
そのため近年では入社後のことも考えて初めからビジネススーツを購入する就活生も増えていますので、無理にリクルートスーツに固執する必要はないといえます。

スーツとリクルートスーツの違いとは?

リクルートスーツとスーツには形的な違いはないといいましたが、実際にお店でスーツとリクルートスーツを比べた場合、販売価格に大きな違いがあるのが分かると思います。
これはスーツとリクルートスーツの素材が全く違うためで、その違いにより着用時の耐久性が全く違うことになります。
リクルートスーツは単なる黒や紺のビジネススーツだといいましたが、販売するターゲットが学生ということも在りますし、基本的に就活中だけの短期間の着用を意識して制作されたスーツとなります。

~通常のスーツよりも耐久性の低い素材を使用しているため安価で購入できる!~

そのため通常のスーツよりも耐久性の低い素材を使用している場合が多く、そのため安価に購入できるようになっているわけです。
しかし通常のスーツに関しては毎日会社で着用することを念頭に置いて制作されているためもともとの生地自体がリクルートスーツよりも耐久性の高い良い素材を使用しており、そのため価格もリクルートスーツよりもはるかに高額になっているわけです。
そのため入社後にも着用することを考えた場合、初めからビジネススーツを選択するというほうがスーツの買い替えをする必要がないといえますし、見た目にもリクルートスーツよりも素材の違いにより上品な印象を与えることが出来るといえます。

就活用にビジネススーツを選ぶ場合は?

就活用にリクルートスーツではなく一般的なビジネススーツを選ぶ場合には、もちろん価格の違いがありますからしっかりと吟味して選ぶ必要が出てきます。
特にブランド品のスーツ等は出来るだけ避けたほうがよいといわれています。
これは面接時に面接官に着用しているスーツがブランドの場合、あまり良い印象を与えない場合があるためです。

~5万円程度の一般的なスーツが適切!ブランドものは控えること~

ブランドのスーツの場合はリクルートスーツとは違い、見た目でブランドのスーツだと分かってしまいます。
高額なスーツを面接に着てくるのは就活生として好ましくないと考える面接官にあたってしまった場合、見た目だけでマイナスになる可能性もあるわけです。
そのためビジネススーツを就活用に購入するのであれば、5万円程度の一般的なスーツを選ぶほうが失敗がないといえるでしょう。

一般的なスーツはリクルートスーツと違い耐久性の強い素材を使用しており値段も高め!

スーツとリクルートスーツの違いはその素材と耐久性が最も違う部分だといえます。
そのため就職後もスーツを着用する仕事なのであれば最初からスーツを選ぶことも選択肢となりますし、就職後はスーツを着用しない仕事であればリクルートスーツの購入で問題ないといえます。
そのため先のことも見越した購入がベストだといえるでしょう。