スーツの上にマフラーを巻くのに目安となる気温 | 新卒就活.com

2015/11/24更新

スーツの上にマフラーを巻くのに目安となる気温

スーツの上にマフラーを巻くのに目安となる気温をご紹介します。
寒い日にはスーツの上にもマフラーを巻きたくなりますよね。
ですが、スーツの上にマフラ―をまくのには、適切な気温と言うのがあります。
そこから外れた日に巻いてしまうと、自分だけマフラーをして恥ずかしいかもしれません。

マフラーを巻く目安1,最高気温が10度前後の日

polar-bear-404314_640
スーツの上にマフラーを巻く日として適切なのは、最高気温が10度前後の日です。
最高気温が10度前後であれば、体感的にはとても寒いと感じる日が多いです。
ですから、マフラーをしている方もたくさんいることでしょう。
自分だけがマフラーをしていて恥ずかしいと感じることはまずなくなるはずです。
では、最高気温が10度前後の日とは、だいたいいつ頃なのでしょうか。

~12月末頃からマフラーが必要な気温~

もちろん日本国内でも温暖の差はそれなりにありますから一概には言えませんが、夏はとても気温が上がり、冬はとても気温が下がることも多い最近の日本では、12月末頃から大体そのくらいの気温になるところが多いのはではないでしょうか。ですから、時期としては、12月の末頃になればマフラーを巻いても問題がないと言えるでしょう。

マフラーを巻く目安2,最低気温が5度以下の日も可

最高気温で見ていけば大体そのくらいの気温、時期からマフラーをしても問題ないということになりますが、では最低気温で見ていくとどうなのでしょうか。
最高気温はそれなりに高くても、朝晩が寒いようではやはりマフラーが欲しいと思うものですよね。
そういう時に参考になるのが、最低気温での見方です。
最低気温で見ていくと、最低気温が5度以下の日がマフラーに適した日です。

~最低気温が低いと朝晩はとても寒いのでマフラーは必要~

最低気温が5度程度となると、日中最高気温は15度くらいあることも珍しくありません。
ですが、最低気温が5度というのは、朝晩はとても寒いですから、おそらくほとんどの方がマフラーを着用していることでしょう。
ですからまず自分だけがマフラーをしているということはありません。
日中だけマフラーをせず、朝晩にはマフラーをして過ごすようにすると良いでしょう。

マフラーを巻く目安3,平均気温なら6度前後が適切

最高気温で言うと10度然前後、最低気温で言うと5度以下がマフラー期ですが、では日中の平均気温で見ていくとどのくらいの気温の頃にマフラーが必要になるのでしょうか。
日中の気温がどのくらいであればスーツの上にマフラーをしても浮かないのでしょうか。
日中の気温で見ていくと、平均気温が6度前後になるとマフラーの時期だと言えます。

~1月から2月ごろが平均気温が6度前後になる~

ではどのくらいの時期が日中の平均気温が6度前後の時期だと言えるでしょうか。
それは1月から2月ごろだと言えます。
つまり総合すると12月の末頃から2月ごろまでマフラーをしても問題のない季節だということになりますね。
そのくらいの季節を目安にマフラーをするようにしていくと良いでしょう。そうすればまず恥ずかしい思いをすることはありません。

マフラーを巻く時期は12月の末頃から2月ごろが適切!

以上、スーツの上にマフラーを巻くのに目安となる気温のご紹介でした。
スーツの上にマフラーを巻くには、これくらいの気温を目安にしていってください。
ただしもちろん風の関係や太陽光の関係により体感気温は変わってきますから、実際に空気感を感じてから判断するようにしてください。