セミナーを就活で上手く活用する方法 | 新卒就活.com

2016/09/13更新

セミナーを就活で上手く活用する方法

セミナーを就活で上手く活用する方法をご紹介します。
就活を始めるにあたり、まず何からやればいいのかが分からないと言う就活生も多いのでは?
就活自体初めてなのですから、右も左も分からないのは当然だと言えます。
そんな時に就活セミナーを上手に利用すれば、就活がスムーズに行えるのではないでしょうか。

就活セミナーと合同説明会の違いとは?

window-770535_640

まず就活セミナーとは何かを知るためには、就活セミナーと合同説明会の違いをしっかりと認識する必要があります。
このセミナーと説明会を混同してしまう就活生がいますが、根本的にセミナーと説明会は違うものだと言えます。

まず就活セミナーに関しては、就活をスムーズに行うための対策や自己分析、面接などの注意点などを学ぶ場だと言ってよいでしょう。
そのため、就活セミナーを開催しているのはその多くがや人材関連会社や大学のキャリアセンターとなっています。

~セミナーでは就活のノウハウを学ぶ!~

一方の説明会に関しては、これは企業が行うものですので、基本的にはその企業がどのような会社で仕事内容はどういったものかを説明するための会となります。
合同説明会は一つの会場に多数の企業が集まり説明をおこなうものだと考えるとよいでしょう。
そのためセミナーと説明会ではその内容が全く違うものですので、それぞれに参加が必要だと言えます。

セミナーを上手く利用する方法1,目的を知る

就活するにあたり、セミナーを上手に利用する方法は、まずそのセミナーで何が行われるかを認識する必要があります。
セミナーといってもその内容は様々ですし、業種によってもセミナーは違いますので自分とは関係の無いセミナーに参加しても時間の無駄になるだけだと言えます。

~自分にとって必要なセミナーのみに参加するのが得策~

では自分の目指す業種のセミナーなら就活中に何度も参加したほうが良いかといえば、同じような内容のセミナーであれは何度も参加する必要はないと言えます。
セミナー自体は基本的に教える内容は似通っていますので、同じ内容のセミナーになども参加しても得られるものはないと言って良いでしょう。
そのため自分に必要だと思える内容のセミナーをチョイスしてそれに参加することで必要な情報や就活での心構えや対策が出来ると言えるでしょう。

セミナーを上手く利用する方法2,事前にエントリーシートを用意する

就活セミナーに参加する場合、予めエントリーシートを用意してセミナーに参加するとよいでしょう。
なぜなら、セミナーではエントリーシートの記載の仕方の基本なども教えてもらうことが出来るからです。
ですから、予め自分でエントリーシートを記載して持参しておけば、なぜダメなのかを的確に指摘してもらうことが可能になるわけです。

~プロからのアドバイスでエントリーシートの完成度を高められる!~

エントリーシートは就活する上で非常に重要な書類となりますので、セミナーを利用して内容を指摘してもらえば、更に完成度の高いエントリーシートに近づけることが出来ると言えます。
特に問題が無いと思える内容でも、セミナーで添削してもらえば問題点が浮上する可能性もありますし、ここを直せばもっとよくなると言ったアドバイスもセミナーでは受けることが出来ますので、それを利用しないのは損だと言えるでしょう。

セミナーを上手く活用して就活に必要なノウハウや知識を吸収しよう!

就活セミナーを上手に利用することで、面接対策やエントリーシート対策、マナーに関する注意点なども分かるようになります。
全くセミナーに参加しないよりは1回でもセミナーに参加するほうが確実に自分自身の就活を変えることが出来ます。
自分の就活に必要なセミナーを選んで参加するようにしましょう。