セミナー参加者の動向から探るべきポイント | 新卒就活.com

2016/09/20更新

セミナー参加者の動向から探るべきポイント

企業の合同説明会やセミナーは魅力適なもので、参加を検討する人も多いはずです。
そんなか、企業以外にも注目すべき点があります。
それはセミナー参加者の動向です。
セミナー参加者の行動を見れば最近のトレンドと、就活の穴場が見つかるのです。
セミナー参加者の動向から探るべきポイントをみていきましょう。

セミナー参加者の動向を探る1,安定重視か将来性か

chairs-380318_640
就活を始め、合同企業説明会に参加すれが、企業によって人気のあるなしがはっきり分かれます。
倍率が高い企業に人が集まるのは当然ですが、セミナー参加者の動向を見れば、傾向の変化もわかりやすくなります。
景気の波の影響を受けるのはどの業界も共通ですが、セミナー参加者はその波と将来性について敏感なことが多く、企業自体の安定性重視や、業界の将来性を見据えてと言った形で別れることが多いのです。

~人気のない企業=就活の穴場を狙うのもポイント~

そのため、合同説明会に参加し、セミナー参加者があまり向かわない企業ほど、就活の穴場と言え、採用の際の倍率も低くなります。
本命以外の企業や、就職先が欲しい場合は人気が低い企業から狙うのも方法なのです。
参加していない企業でも類似する業種や、職種に狙いを定めるのもポイントになります。

セミナー参加者の動向を探る2,人の少ないブースから入る

合同説明会でセミナー参加者の流れがある程度読めれば、人が少ないブースから入っていくのは常套手段です。
説明会の内容自体も重要ですが、その後の質疑応答がチャンスとなります。
セミナー参加者が少ない分、質問などがしやすく、実際に働く担当者から声を聞ける希少な機会です。

~参加者が少ない分質問がしやすい!ある程度の割り切る心が必要~

興味がある企業であれば積極的に気になる事を聞き、興味があまりない企業であれば、本命では聞きづらい質問などをぶつけてみるのも方法です。
返答次第では逆にこちらが興味を抱く可能性もあります。これはある程度の割り切りがないとできないため、希少な機会を積極的につかむことが重要になります。
良い意味で印象に残る質問が出来たと思えるなら、とりあえずエントリーをしてしまうのも方法です。

セミナー参加者の動向を探る3,今年のトレンドを読む

十分なセミナー参加者の観察が出来た場合は、ある程度目星をつけた企業の説明会に参加します。
もし、あまり興味が無いようであればそのまま帰ってしまうのも方法の一つです。
本人の意識次第で吸収できる情報は違ってくるため、無理に参加しても効率が悪くなる可能性があります。

~情報の整理が必要!セミナー参加者の傾向を探ろう!~

帰宅したら行うべきは情報の整理です。セミナー参加者の流れから、今年のトレンドが読めたのなら、この傾向が地域性の物なのか、全国的な物なのか、ネットで検索する方法もあります。
メディアで流れる就職候補の傾向とまるで違うようなら、地域性の可能性が出てきます。
それを踏まえた上で、今後も合同説明会に行くか、単独に絞るかを決めるのも方法なのです。
右に倣えで流行を追っても競争が激しくなってしまいます。あえて逆に行くのも方法なのです。

セミナー参加者の動向からトレンドを分析して効率的な就活をしよう!

以上、
就活には能力も大切ですが、希少性も重要な要素になります。
人材自体が集まらない企業にとっては応募者自体が希少になり、内定をもらえる率も上がります。
流行とのミスマッチから優良企業でありながら応募者が少ない場合もあるため、セミナー参加者の動向からトレンドを分析するのも、効率的な就活に役立ことなのです。