テストセンターでの試験結果を有効活用する方法 | 新卒就活.com

2016/09/05更新

テストセンターでの試験結果を有効活用する方法

テストセンターでの試験結果を有効活用する方法についてご紹介します。
テストセンターでの試験結果、一回受けたらおしまい…ではないんです。
就活生は常に数社の選考を持っています。もしテストセンターでの受験が会社ごとあった場合、それをいちいち受けに行っていたら時間やお金のロスにもなりかねます。

テストセンターでの試験結果は何に使われる?

binary-503598_640
就職活動で面接に進む前段階として適性検査をテストセンターで受験する事をもとめられるケースが多くあります。
これらのテストセンターで受けた適性検査の試験の結果はどのように利用されているのでしょうか?
適性検査として最も有名な検査であるSPIを例にして考えてみましょう。

●試験結果は採用する時と配属先を決める際に利用される!

SPIにおいては試験を受験する事で、性格検査の結果をもとに導き出される受験者の性格・能力検査の結果をもとに導き出される受験者の言語能力・非言語能力・一般常識についての理解のそれぞれの項目についての能力を把握する事が可能になっています。
この結果をもとに受験者を選考するのはもちろんです。
ただ、この試験結果は採用後にも影響します。
多くの企業がこのSPIでの結果も配属先を決定する上での参考として考えているようです。

SPIテストの結果連絡はどれくらいで来るのか?

さて、テストセンターで受験した適性試験についてですが、結果はどのくらいで判明するものなのでしょうか?
SPIを例にして考えてみます。
SPIの場合だと、テストセンターで受験をした後に回答を企業に送信する事になります。

●一般的な書類選考の期間である約2週間程度を目安に考える

企業はそのテスト結果をもとにして選考を進めることになります。
SPIの結果が企業について企業からの連絡が入るまでの期間は大体約2週間程度になります。
一般的な書類選考の期間が大体約2週間程度になりますので、それを目安に考えておくと無難です。
ただ、このSPIのテスト、性格検査等も含まれており、自分でも自分自身の結果を知りたいという気持ちが湧いてくるかもしれません。

ただし、SPIについては受験者が自身の結果を知る事はできません。
SPIの結果を知っているのはあくまで企業の採用担当者だけという事になります。

テストセンター試験の結果使い回しする際の注意点

しかし、このテストセンターでの適性試験ですが、多くの企業で受験が求められる事になります。
何度も受けるのも骨が折れますし、テストセンターを度々訪れるのも時間のロスになります。
一度テストセンターで受験したテストの結果を他の企業の選考でも利用する事は出来ないのでしょうか?
結論から言うと、SPIの場合はテストセンターで受験した適性試験の結果を他の企業の選考に利用する事は可能です。

●適用されるのは最新の受験結果のみ!

ただし、テストセンターで適性試験を複数回にわたり受けている場合には、使える試験結果は最新の受験結果になります。
よって、最初に比較的高い適性試験での結果を要求するような企業を受けておいて、その選考に合格した場合には、テストセンターでの試験の受け直しをせず、その試験結果を利用して、他の企業の選考にも挑む事をおすすめします。

テストセンターの試験結果は他の会社でも利用可能!使えるのは最新の受験成績!!

就職活動の中で様々な企業が適性検査で一次選考をおこなっています。
その度にテストセンターで受験して結果を送信するのは非常に手間のかかる作業になります。
就職活動は時間との勝負です。

いかに時間を有効に使えるかというのも企業を受験するチャンスを増やすという意味では大切な事になります。
そのテストセンターでの受験にかかる時間を短縮するために、試験の結果を他の会社でも利用するというのは有効な手段になります。
ただ、SPI試験の結果は就職活動の面接だけでなくその後の配属にも影響してきます。
ぜひ万全の対策をして納得する点数が取れるまではテストセンターで試験を受けるようにしましょう。
納得する結果が出た時点でその結果を他の会社の選考にも利用する事を考えるようにしましょう。