テストセンターの問題数と攻略のコツとは | 新卒就活.com

2016/09/12更新

テストセンターの問題数と攻略のコツとは

テストセンターの問題数と攻略のコツとは何かをお教えします。
テストセンター前にはその問題数が気になるという方も多いのではないでしょうか。
テストセンターの問題数と攻略のコツを押さえれば、効率的に就職活動を進められますよ。ぜひ、攻略のコツを押さえておきましょう。

テストセンターの言語問題は41問

sketch-926667_640

まずテストセンターの言語問題の問題数から紹介させて頂きます。テストセンターの言語問題は全部で41問と言われてます。
41問はテストセンターの時間から考えるとまずまずの量と言えるでしょう。一問毎に制限時間もありますし、のんびりしているわけにはいきません。ただ、焦って解くのも良くありません。

~テストセンターの問題は間違えると次が簡単になる~

テストセンターでは問題の質が一人一人かわり、正解すると次の問題が難しくなり、間違えると次の問題が簡単になるという仕組みになっています。
ですから問題数に気をとられ急いで解いて、簡単な問題ばかりしか正解できないということになると印象は悪くなるのです。そうならないよう、時間は気にしつつもなるべく丁寧に解いていくというのがコツです。

非言語問題は全部で20問

テストセンターの非言語問題の問題数は全部で20問となっています。これはまずまず数が少ないように思えるかもしれませんが、非言語の問題というのは解くのに時間がかかるものですから、決して少ない問題数ではありません。

テストセンターの非言語問題も、メモをなどを使いながら焦らず解くことが肝心です。

~焦って解くとイージーミス!メモ必須!~

非言語問題は特に焦ってしまいがちになるとは思いますが、非言語の問題こそ焦って解くとイージーなミスが多くなっていきます。
こういう学力試験では非言語問題で差がついてしまうことがほとんどなので、そこで差をつけられず、逆に差を付ける事ができるように、焦らず丁寧に解いていくようにしましょう。

性格検査の問題数は200問以上

テストセンターの性格検査の問題数は200問以上とも言われています。それだけの問題数ですからポンポンと直感で回答していかないとなりません。

そのためには、なるべく何かを演じたりせず正直な自分で回答していくというのがコツです。
膨大な問題数をほこるテストセンターの性格検査では、似たような設問も多いです。

~会社に好まれる人物を演じ続けるとボロが出る~

会社に好まれそうな人物を演じていたりするとついついそういうところボロがでて、メッキがはがれてしまいます。
するとこの人物はそういう人物であるというような悪い評価となってしまいます。
テストセンターの性格検査はそうならないように、矛盾なく素で答えるようにするというのが、攻略のためのコツです。

テストセンターは問題数にとらわれず一問ずつしっかり解くこと

テストセンターの問題数と攻略のためのコツについては以上の通りになります。
問題数や時間に惑わされずに、きちんと難しい問題を解けるように、また、難しい問題に挑めるように、丁寧にじっくり解くような戦い方でテストセンターの問題とは戦っていくようにしてください。

普段から早く解く癖をつけているとどうしても本番でもそうなってしまいます。
なので、性格検査以外は普段の練習問題の段階からなるべくゆっくり丁寧に正確に解くようにしていきましょう。もちろん一問一問で時間切れにならない程度には、普段から時間にも気を使う必要はあります。