テストセンターの英語対策としておすすめの勉強法 | 新卒就活.com

2016/08/31更新

テストセンターの英語対策としておすすめの勉強法

まずは単語力をひたすらつけていこう

テストセンターの英語では、同意語や反意語の問題が出ます。これらの問題は、単語力さえあれば、解ける問題ですよね。単語力があるだけで確実に点数が稼げる問題なのに、単語力がないというだけで点数を落としてしまうのはあまりにももったいないですよね。

・だからまずは、簡単な単語帳などで基礎的な単語力をひたすらに突けるという勉強法がオススメなのです。

テストセンターの英語の問題は、決して難しい問題ではないので、あまり難しい単語帳でなくても問題ありません。レベル的にはセンター試験くらいの単語帳を使って勉強すればちょうど良いでしょう。まずはそうした単語帳を買って、確実にとれる単語の問題で稼げる点数を増やしていきましょう。”

英語のニュースサイトを日常的に読むようにする

“テストセンターの英語の問題では、単語問題の他に、長文読解の問題や、空欄補充や、訂正の問題がでます。単語の問題は単語力をひたすらに増やしていくだけで問題はありませんが、こういう問題にはどのようにして対策していったら良いでしょうか。

・答えは意外なことで、英語のニュースサイトなどを日常的に読むという対策法がオススメです。

英語のニュースサイトを日常的に読むようにすれば英語の長文を読むことに目が慣れていきますし、文法を目でおぼえることが自然とデキるようになります。興味のないことでは人はなかなかそれが効率的にできないものですが、ニュースならば興味のあるニュースもありますよね。ですからそれができるようになるのです。したがって、テストセンターの英語の勉強法としては、英語のニュースサイトを日常的に読むという方法もすごくおすすめになるのです。”

本番直前には仮想テストセンターのサイトで練習する

“日常的な、テストセンターの英語の問題への勉強方法としては、以上の2つの方法がベストになりますが、それだけではまだ完全ではありません。テストセンターの英語を完璧にしようと思ったら、本番が近付いてきたら仮想テストセンターのWEBサイトで、英語の仮想問題を解く必要があるのです。

・すると実際の問題の出方や癖が分かるようになり、今までに培った能力がより発揮できるようになるでしょう。

パソコンの画面上で英語を見るというのは、またちょっと違ったものがありますし、仮想テストセンターのWEBサイトでの練習は絶対にする必要があります。ただし、あまり癖が強いわけでも難易度が高いわけでもないので、はやくやりすぎても時間がもったいなくなります。本番数日前くらいからやり始めれば十分でしょう。”

隙間時間で効率的に勉強していってください

テストセンターの英語の問題は、決して難しいというわけではない。という事はここまでで何度か紹介してきましたが、ということはつまり、決して毎日何時間もこれらの勉強法で勉強する必要はないということになります。隙間時間を見つけて、自分なりのペースで勉強していけば十分でしょう。テストセンターでの英語の対策に時間をかけ過ぎて、言語問題や非言語問題の対策が甘くなってしまっては本末転倒になります。よほど英語が苦手というわけでもないかぎり、基本的には他の対策に時間をかけ、テストセンターでの英語の問題への対策は、上記の勉強法で空いた時間にやっていくのが一番です。そうしていけば無事にテストセンターも突破できるようになっていくことでしょう。