テストセンターは合格の踏み台?選考突破のポイント | 新卒就活.com

2016/09/05更新

テストセンターは合格の踏み台?選考突破のポイント

テストセンターは合格の踏み台なのでしょうか。選考突破のポイントをお教えします。テストセンターで引っかかってしまいなかなか通過しない人も中にはいるのではないでしょいか。今後の就職活動をスムーズに進めるためにも、ポイントを押さえておけば第一志望の企業に入社できるはずです。

テストセンターとは何か?

office-620817_1280

多くの採用担当者がプロセスに組み込んでいるのが、テストセンターでの受験です。テストセンターとは、リクルート企業が管理をしているテストサービスのこと。忙しい就活生は1時間前でも、ラクラク試験会場を選択。

複数の企業などでテストセンターの結果を採用しているため、忙しい就活に個別の会場を巡ることなく、時短就活をすすめることができます。

~テストセンターを就活の踏み台としてしっかり対策を練ること~

そのためテストセンターを就活の踏み台として、シッカリ対策を練っておくことが必要です。テストセンターは能力検査と性格検査あわせて1時間弱。短い時間のなかに複数の問題を解いていく、スピーディーさが求められるテストです。しっかりケアをおこなっておき、採用にダイレクトに直結する踏み台づくりを目指していきましょう。

テストセンターでは合否が決められるのか?

テストセンターでは性格や能力など、さまざまなスキルをはかることが出来ます。合否の踏み台としてささやかれることも多いのですが、その実情はどうなっているのでしょうか。

就活生が受験したテストセンターの内容は、採用企業担当者に、グラフと文章が羅列した分かりやすいシートタイプの形になって送信されます。

~合否までは決められない!!採用には影響あり~

「性格のポイント、判断力や思考力についてのデータ、人物イメージ、面接でより聞きたいポイント、仕事への適応能力、会社という組織への適応度」などが数値化されて人事担当者に伝わります。

これらはあくまで採用の踏み台として、ロボットが規則的に数値をデータ化したもの。テストセンターの結果が採用に影響することはありそうですが、合否まで決められる可能性は少ないようです。

テストセンターの結果は複数社で使える!!

採用の踏み台として、多くの企業が導入をスタートさせているテストセンター。受験生にとってのメリットは少ないように感じますが、複数の会場を巡らなくてイイこと…が挙げられると思います。

テストセンターの結果は、採用の踏み台として、複数の企業に使いまわすことが可能です。

~手際よく目の前の問題に取り組む姿勢が大切!!~

そのため1つの試験を集中して受けることによって、同時に複数企業の能力テストを受けることに繋がります。余った時間を面接対策や企業研究にまわすことができるので効率的なのです。

またテストセンターの試験はパソコンを使っておこなわれます。ひとつの問題を解いて、右下にある次へボタンをクリックして、次の問題に進みます。1つの問題に使える制限時間は決まっているので「テキパキ手際よく目の前の問題に取り組む」姿勢が大切です。

テストセンターは選考突破への踏み台!!焦らず丁寧に回答を

テストセンターは選考突破への踏み台です。焦らず丁寧に回答をするのが重要です。

テストセンターと聞くと敷居が高く感じてしまいますが、マークシート方式がパソコン上でのテストに変わったもの。企業は採用の目安、踏み台として採用していることが多いそうです。

出題内容は中学や高校程度のレベルの問題が多く目立つため、焦らずひとつひとつ丁寧に対応することが大切です。

国語を中心に設問がつくられた「言語分野」、そして数学的な図形や表の並べ替え、簡単な計算問題などの設問が目立つ「非言語分野」があります。どちらも質問や答えに慣れてしまえば、簡単にスラスラ解けるもの。学校での休憩時間、電車の通学時間、カフェでほっとひと息つくブレイクタイムなどを利用して、過去の問題などに集中して取り組んでおきましょう。