テストセンター受験前を突破するための3つの心得 | 新卒就活.com

2016/09/12更新

テストセンター受験前を突破するための3つの心得

テストセンター受験前を突破するための3つの心得についてご紹介します。
テストセンターは就活生の多くが1回でも受験することになるであろう入社試験の一環です。
中学生卒業程度のレベルですが、問題数も多く、少ないですが難問もあったりするため、事前に対策を講じないと落ちてしまう可能性は大きいです。

テストセンター受験の心得1,時間配分

cc-library010011048

テストセンターで一番厄介なのは、時間です。
時間により焦ってしまったり、あと少しで分かりそうなのに時間切れで解けなくなってしまったりしてあまりいい出来にならないということも多いのがテストセンターです。
ですから、そうならないようにテストセンタ—受験前に時間配分について慣れておく必要があるのです。

●問題の解法にかかる時間をコントロールする癖をつけよう!

そうするためには、普段から時計をそばにおいて、一問一問にどれくらいの時間がかかるのかを考えながら問題を解くようにしてください。
そうすれば自然と時間配分が身に付き、いざテストセンターを受験しても時間に惑わされることがなくなっていくでしょう。

テストセンター受験の心得2,メモ

テストセンターの問題では、少し頭が混乱するような問題もあります。
そういう問題は、頭で整理するよりもメモを使って整理した方が早いです。
テストセンターでは、受験に行くとメモを数枚もらえるので、それをきちんと利用しましょう。
頭の中で理解していることを箇条書きしていくと自然と答えにたどり着けるものです。

●普段からメモを利用しながら勉強をすると頭の整理がしやすくなる!

また、テストセンター受験時だけではなく普段からそうしてメモを利用して問題に挑むようにするというのもすごくおすすめです。
使い慣れていないと逆に時間を喰ったり文字の大きさが分からなくなったりするものですから、テストセンターでうまく使うために普段からメモを利用して頭を整理する練習をしていってください。

テストセンター受験の心得3,空白はNG

テストセンターの受験では、わからなくても何かしら回答をするということも大切です。
選択式で選択すればあたる可能性もあるのですから、回答をしないよりはした方がはるかにましです。
テストセンターでは何も100点をとらなければならないというわけでもありませんし、たとえ分からなくても焦らずにあてずっぽうで答えてしまってください。

●何かしら回答をしておけば当たる可能性もある!空欄をつくらないこと

受験してみるとその独特の雰囲気で、分からない問題があると焦るものです。
ですが回答さえすれば、あたるかもしれないのですし、外れてもテストセンターでは誤謬率は計算されていませんので、焦る必要は全くないのです。
今までの回答の流れやなんとなくの問題の雰囲気から察して、冷静に何かしらの回答をしていってください。

テストセンター受験を突破するカギは時間!ペース配分を意識する

以上、受験前に心得ておきたいテストセンター突破のコツのご紹介でした。
テストセンターを突破するためには、受験前にぜひこれらのことを心得て実践してみてください。

テストセンターは最近ではすごく採用企業も増えてきていますし、就活をしていれば何度もそれに遭遇する機会があるでしょう。
それにいちいちつまづいていたのではやはり良くありません。
そこまでレべルの高いものでもありませんし、しっかりすべて突破して、せめて面接には挑めるようにしておきましょう。
面接前に落とされてしまうというのはすごく悔しいものですし、すごく勿体ものですから。