テストセンター英語の問題傾向と対策 | 新卒就活.com

2016/09/15更新

テストセンター英語の問題傾向と対策

テストセンター英語の問題傾向を把握し対策しておくことは意外と重要です。
難しくはないと言われているテストセンター英語ですが、問題傾向・対策を立てなかったばかりに悲惨な結果になってしまうのは避けたいもの。
せめて最低限の対策くらいは考えましょう。

テストセンター英語の問題難易度は中学生レベル

PAK75_englishranchon20141206202538-thumb-815xauto-18007
テストセンター英語の問題の難易度は、基本的には簡単な中学生レベルです。
とはいえ、普段からあまり英語にふれてきていない人にとっては、ちょっとした壁にもなりえます。中学生・高校生のときに学んだからといって油断したりせず、一度初心に振り返りしっかりと復習しておきましょう。

●中学生レベルの文法・英単語をマスターすること!

テストセンター英語の問題傾向は、長文読解や単語の意味を問うものが比較的多いです。
そのため、対策としては、まずは英単語と文法をしっかりと押さえておくようにしましょう。
通勤時間や寝る前にすこし暗記する程度でも充分効果が見込めます。就活中の面接会場へ移動するときなどでも構わないので、スキマ時間にしっかりと勉強しておきましょう。

テストセンター英語の問題の解き方とコツ

そもそも英語が苦手……という人にとっては、より効率的な問題の解き方も知っておくべきでしょう。
テストセンター英語の問題は、先に述べた英単語と文法を押さえておけば基本的には問題ありません。
とはいえ、テストセンター英語を解くために与えられる時間は短いです。普通に長文を読んでから設問に取り掛かるのでは、タイムアップのリスクが生じてしまいます。

●設問を理解してから英語長文を読むと効率的!

テストセンター英語の長文読解では、時間の使い方が重要です。
そのため、まずは設問から読むようにし、『わからなかったら飛ばす』『問題を把握しておく』の2つ意識を持ってから、長文に取り掛かりましょう。
無理に解答しようとして誤答をすると『正解率』が下がってしまうので注意です。

テストセンター英語対策で重要なのポイントとは?

テストセンター英語の対策として一番意識しておきたいのは、時間の管理です。
先に述べたように、テストセンター英語の試験は、制限時間が非常に少なめに設定されています。
そのため、焦らず取り組むこと・予習をしておくことの2つの対策はしっかりととっておきましょう。

●重要なのは時間管理!テストセンター試験の模試がオススメ!

とはいうものの、時間管理を意識するだけでは不安、という方も少なくはありません。
事前にしっかりと対策を立てておきたい人は、あらかじめテストセンター試験の模試を受けておくといいでしょう。なんとなく感覚的に慣れておくだけでも、対策としては十分です。

テストセンター英語の問題対策で重要なのは解法時間のコントロール!

テストセンター英語の問題傾向と対策についてまとめてみましたが、いかがでしたか。
簡単と言われているテストセンター英語とはいえ、油断してかかると痛い目を見てしまいます。
スキマ時間に行う程度でも構わないので、中学生レベルの英単語と文法は必ず復習してから本番に挑みましょう!