トレンチコートで守るべきビジネスマナーについて | 新卒就活.com

2015/11/16更新

トレンチコートで守るべきビジネスマナーについて

トレンチコートはビジネスの場で着られる定番のコートです。
冬季の就職活動の際に使用するだけでなく、社会人になった後でも着ることが可能なため、一着は持っておきたいコートでもあります。 
この記事では、ビジネスの場におけるトレンチコートの着方や選び方などを解説していきます。 
 
 

トレンチコートに関するビジネスマナー1,色

shoes-923163_640

ビジネスの場で着るトレンチコートの色は主にブラック、ベージュ、カーキの三色です。
落ち着いた色であれば、ほかの色でも問題はありませんが、派手な色のトレンチコートは避けるのが無難です。 
ブラックのトレンチコートは比較的かっちりとした印象を与えるのに対し、ベージュやカーキはややカジュアルな雰囲気を与えます。
ですから、そのビジネスの場に合わせて色を選ぶといいでしょう。

~トレンチコートはブラックが無難!~

就職活動中に着るのであれば、ブラックを選ぶのが無難です。
カーキやベージュでも問題があるというわけではありませんし、選考に関係するということもほとんどの場合ありません。
選考する方は様々ですので誰に対しても均一な印象を与えることのできる黒を選ぶのが無難だと考えられます。 
 

トレンチコートに関するビジネスマナー2,扱い方

上述したようにブラックはかっちりとした印象を与えます。
ですから、就職活動の際や取引先に初めて赴く場合などに着るといいでしょう。カーキやベージュは、カジュアルな場面などで使用するといいかもしれません。 
トレンチコートは色だけではなく、丈も様々です。背があまり高くない人は、膝より下の長い丈のトレンチコートより膝上のトレンチコートを選ぶといいかもしれません。
そういった方が長い丈のコートを着るとどうしても重い印象を与えてしまうからです。 

~裏地を見せないように畳むこと!~

トレンチコートの着脱にはマナーがあります。
それは、トレンチコートを脱いだ時、先方に対し裏地を見せないように畳むというマナーです。 
就職活動やビジネスの場では、こういったところを見る方もいるので、マナーは守るようにしましょう。 
 

トレンチコートに関するビジネスマナー3,着用する場所

 
そもそもトレンチコートとはかつて軍用コートとして使用されていたコートで、トレンチには塹壕という意味があります。
時代を経て、現在ではビジネスやカジュアルの場で使用されているコートでもあり、冬季の就職活動の際に着るコートとしてもぴったりのコートです。 
社会人にもなるとフォーマルな場にでることが増えます。
ただ、トレンチコートはフォーマルの場には適していません。

~ビジネスの場には適するがフォーマルな場には不適切!~
 
ビジネスの場で着られるのであれば、フォーマルの場でも大丈夫だろうと考える方も多いと思いますが、フォーマルの場でのトレンチコートはマナー違反に当たるので、着るのは控えましょう。
ちなみにフォーマルの場ではチェスターフィールドコートなどを選ぶようにしましょう

トレンチコートはTPOを考えてビジネスの場に合わせること

トレンチコートは色や丈も様々でいくつかのマナーがあります。
ビジネスの場では特にTPOを意識して着るようにしましょう。 
もし就職活動生の中にトレンチコートの着方や選び方で悩んでいる方がいましたら、この記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。