トレンチコートの正しい着方とマナーについて | 新卒就活.com

2015/11/16更新

トレンチコートの正しい着方とマナーについて

トレンチコートの正しい着方とマナーについてご紹介します。
就活を行なう際、寒くなるとスーツの上にコートを着用することも増えてきます。
就活に向いているコートにはステンカラーコートやトレンチコートがありますが、特にトレンチコートの着方に関しては注意すべき点が多いと言えます。 
 

トレンチコートの正しい着方とは?

1024-cc-library010005376
就活でトレンチコートを着用する場合の着方に関してですが、基本的にスーツの色に合わせたものをチョイスして着るのが最低限の基本といえます。
特に男性の場合は就活で使用するスーツの色は黒や濃紺がほとんどですから、トレンチコートの色もそれに合わせたコーディネートが必要となります。
女性の場合はスーツの色が男性とは多少違う場合もあり、グレーなども使用しますので、男性とは違いトレンチコートの色も女性らしいベージュなどを選択するのもOKだと言えます。

~就活中はライナーを外しておく着方が望ましい~

トレンチコートの場合、腰の部分にライナーがついているものがほとんどですので、そのライナーを取り外せるものを就活では選択するほうがよいと言えます。
なぜならライナーの使い方一つでトレンチコートの着方はまったく違う印象になりますし、ライナーがある場合とない場合とではトレンチコートの着方自体異なるためです。
そのため出来るだけ就活中はライナーを外しておくほうが着方としては便利で楽だと言えます。 
 

トレンチコートの間違った着方とは?? 

就活でトレンチコートを着用する場合に間違った着方になっていると、見た目の印象派非常に悪いものになります。
特にトレンチコートの場合、トレンチコートの代名詞とも言えるライナーが最も印象を悪くしてしまう恐れがるといえます。
ライナーとは、トレンチコートの腰の部分についているベルトのようなものです。

~ライナーを留めずにいる着方はだらしのない印象を与えてしまう!~

このライナーを留めずにトレンチコートを着用する着方は見た目にもだらしなく見えますし、ライナーの結び方一つで就活なのにトレンチコートが非常にカジュアルに見えてしまう場合もあります。
それと就活の場合トレンチコートを脱ぐ場合も非常に多いため、ライナーを毎回解いたり結んだりするのも非常に面倒となりますので、就活中はライナーを外して就活を行なうほうがよいと言えます。 
 

トレンチコートの扱い方について

就活でトレンチコートを着用する場合に多いミスが、企業に入ってもまだコート着用のままだったり、企業に入ってからコートを脱ぐといった行為です。
基本的にトレンチコートだけでなく、スーツの上に着用するコート類の着方のマナーとして、企業に入る前には必ずコートを脱いでおくことが最低限のマナーとなります。

~いつどこで見られているかわからない!企業に入る前に必ずコートを脱ぐこと~

特にトレンチコートでライナーを使用していた場合、企業内でライナーを解きながらコートを脱ぐ姿は非常に失礼にあたりますし、脱いでいる姿もあまり良い印象を与えないと言えます。
企業に近づくとどこでその企業の社員に見られているか分かりません。
必ず前もってコート類は脱いでスーツ姿になってから企業に入ることがトレンチコート等の着方では重要だと言えます。 
 

トレンチコートはライナーを外しておくほうが着方としては楽で便利

以上、トレンチコートの正しい着方とマナーについてご紹介しました。
トレンチコートの着方ではライナーの使い方や色のチョイスなど基本的な着方と、企業に入る際のコートの扱いもとても重要なポイントとなります。
コートくらいで大げさなと考える就活生もいるかもしれませんが、やはり見た目の印象やマナーは重要ですので、コートの着方で失敗しないようにする必要があるでしょう。