ニート関して就職の面接で聞かれた際の答え方 | 新卒就活.com

2016/09/13更新

ニート関して就職の面接で聞かれた際の答え方

ニート期間に関して就職の面接で聞かれた際の答え方についてご紹介します。
ニート期間、それはマイナスな印象を抱きやすい言葉です。
ですが、話し方を工夫すれば立派なアピールポイントになるのをご存知でしょうか?
もし就職活動で面接官にニート期間について突っ込まれた場合の答え方をみていきましょう。

ニートに関する就職面接での答え方1,スキル習得のためだと話す

sunlight-867222_640
就職の面接でニート期間について聞かれたからといって、そのまま「その期間はニートをしていました」と答えるのは最悪です。
面接では伝え方が全てです。
その伝え方ではその場でそのまま不採用が決まってしまうでしょう。そこでおすすめの伝え方が、何かのスキル習得のために時間を使っていた、と説明することです。

●ただニート生活を送っているのはNG!まずは目的を持つことが重要

二ート期間の間に何かの勉強を一生懸命していたのであれば、それはニートではありません。もしそれが結果を伴っていれば、就職の面接でもまず悪い印象は与えないでしょう。
もし結果に繋がっていなかったとしても、ただニートをしていたと伝えるよりははるかに印象は良いでしょう。

ニートに関する就職面接での答え方2,家族の面倒を見ていたことにする

就職の面接でのニート期間の説明方法として、次にオススメするのが、家族の面倒を見ていたことにするという方法です。
家族の病気などがひどくなり、常に家にいないとならなくなったので、良くなるまで自分が面倒を見ていたということにすれば、就職の面接でのニートの期間の印象もまず悪くなりません。

●介護や病気に関する知識を付ける必要がある!

ただそれを証明するには多少の介護のエピソードを話せたりしないとならないので、もしこの方法を採用する場合は、しっかり病気や介護の知識をつけてから話を考えるようにしてください。
突っ込まれない場合もありますが、突っ込まれた際に口ごもってしまっては最悪ですので、きちんと考えるようにしておきましょう。

ニートに関する就職面接での答え方3,自分にデキることを考えていたと話す

就職の面接でニート期間について突っ込まれたら、その期間を利用して自分に出来ることを考えていたと説明するのもアリです。
「自分には何ができるか、何がしたいのかがなかなかわからず、短期のバイトなどもしつつずっと考えていたら、就職活動をするのがこんなに遅くなってしまった。」「でもそのおかげで自分のやりたいことが分かり、こうして就職の面接に赴くことができた。」と説明すれば、ただのニート期間にもちゃんと意味があったと思ってもらえることでしょう。

●前向きな姿勢を示すことができれば問題ない!

ある意味正直な回答ではありますが、こうしてその期間にちゃんと前向きな意味をもたらすことが出来ればそれもアリなのです。
その時に時間をかけて考えていたことを説明するので、熱意のアピールにもなりますね。一石二鳥の方法とも言えます。

ニート期間がいかに有効だったかを就職の面接でアピールすること!

以上、就職の面接でのニート期間に関する効果的な説明方法のご紹介でした。
そのニート期間に何もしていなかったわけではないことが証明できれば、たとえニート期間があったとしても問題ありません。
その時間がいかに有効だったかをアピールしていきましょう。
そんな風にその時間が必要なものであったことを証明できる説明方法は、やはりここで紹介してきた3つがベストと言えるでしょう。
ですからここで紹介してきた方法をアレンジして、就職の面接でうまくニート期間について説明していってください。そうして無事に面接を突破していきましょう。