パソコンを使用する採用試験のテストについて | 新卒就活.com

2015/11/18更新

パソコンを使用する採用試験のテストについて

パソコンを使用する採用試験のテストについてご紹介します。
スマホの高性能化と普及により、若者のパソコンに対するスキルの低下が目立っています。
パソコンテストを行うと、大きく点数を取り逃す場合や、基本操作自体がわからないケースも増えており、パソコンを多用する現場のとギャップが強くなっています。

パソコンを使ったテストは多くの企業で採用されている

keyboard-338510_640

若者パソコン離れが進む一方で、ビジネスシーンではますます重要性が増しています。
マイナンバー対応や個人情報流出のための対策など、会社を挙げて社員教育を行う企業も多く、就活でもある程度のスキルを求められることが多いのです。

~パソコンのOSやソフトバージョンの違いで実力が発揮できないケースもある~

比較的早い段階でパソコンスキルの資格を取った就活生も多くいる一方で、操作をすっかり忘れているケースも多いのです。
特に、パソコンのOSやソフトバージョンの違いで、いざテストと言う時に実力を発揮できないことも多く、長く離れている人は注意が必要です。
就職テストもWeb形式であることが増えていることに注意が必要です。
自宅のパソコンで受けることが前提の試験もあるため、後になって慌てないように備える必要があります。

パソコンをレンタルする選択肢

パソコンを持っていないのに、就職試験の科目に自宅でのWebテストが入っている場合もあります。
会場でのテストなど、様々な選択肢に振り替えが可能な場合もありますが、自宅でしか受けられない場合は注意が必要です。
もし、パソコンを買う余裕も、回線を引く時間がない場合は、レンタルで済ませると言う方法もあります。ノートパソコンをレンタルで借り、モバイル型のルーターもレンタルすれば、月数千円程度で試験の期間を乗り切れます。

~Webテストを課す企業は就職後にパソコンが必要となる場合もある!~

一方で、そういった試験を導入する企業は自宅でもインターネットをできる環境がある事が望ましい場合も多く、必要によっては内定後にパソコンを購入する場合があります。その場合は、必要な投資と割り切ることも重要です。

パソコンのスキルテストがある場合

企業によってはパソコンのスキルテストを設けている場合があります。
一定時間の文字入力や簡単な作図などを求められることが多く、一般的なソフトを使う場合や、より専門的なソフトを使う場合があります。
どちらにせよ、職務を行う上では必要なソフトであることが多く、必修科目と言えるほど重要な部分を占める事が大半です。
応募要項や試験の詳細に書いてある場合も多いため、そういったスキルが十分にあるかを自分に確認することと、少しでも不安があったら練習をすることも重要です。

~フリーソフトではなく専門的なソフトを使って対策しよう!~

特に、学校内のパソコンは使えるだけ使うのが大切と言えます。
一般的に手に入るフリーソフトではテスト環境を再現できないことが多いのです。
たとえ資格を取った経緯があっても、忘れていないか、バージョンなどで操作感が変わらないかはある程度使って確認する必要があります。

パソコンを使ったテストは新卒の採用試験で当たり前に課せられる!

パソコンを使ったテストは広く普及しており、スマホを使い慣れてパソコンを久しく使いなれていない場合などは鬼門になりがちです。
キーボードや各種操作は就職の際の基本になることも多く、復習が必要です。
バージョンが変わっていることもあるため、昔資格を取得していても情報収集やリハビリをするなど、基本操作の感覚を取り戻しておくことが重要です。