ビジネススーツとリクルートスーツの違いとは? | 新卒就活.com

2016/09/15更新

ビジネススーツとリクルートスーツの違いとは?

ビジネススーツとリクルートスーツの違いについてご紹介します。
就活を行う上で必ず必要となるリクルートスーツ。
ですが、スーツを買いに行くとリクルートスーツとビジネススーツがあるはずです。
一見見た目には違いの分からないビジネススーツとリクルートスーツの違いとは何なのでしょうか。

ビジネススーツとリクルートスーツの違いとは??

suit-714357_640
ビジネススーツとリクルートスーツの違いですが、これははっきり言って形状などの違いは全くないと言えます。
現在就活生向けに販売されているリクルートスーツというものは、実はビジネススーツと全く同じものあり販売店などが就活向けの商品としてリクルートスーツと呼んでいるだけだと言えます。

~形状や色に違いはない!リクルートスーツとは就活生向けの商品としての名前~

色に関してはリクルートスーツは黒か濃紺がほとんどで、ビジネススーツの場合は黒や濃紺以外にもグレーやベージュといった色が多いといえます。
しかし色の違いはあれどビジネススーツでもリクルートスーツでも着た時の形状には全く違いが無く、逆に言えばビジネススーツで就活を行うことも全く問題ないと言うことになります。
ただ、ビジネススーツとリクルートスーツでは販売されている価格が全く違いますから、その価格差に違いの秘密が隠されていると言えます。

ビジネススーツとリクルートスーツの価格差に隠された違いとは?

ビジネススーツとリクルートスーツでは販売価格が全く違うわけですが、その価格差にビジネススーツとリクルートスーツの違いがあると言えます。
価格差は使用されている生地や縫製などで差が付いており、ビジネススーツの場合は長期間使用することを考慮して頑丈で着心地の良い生地、破れにくくしっかりとした縫製が施されています。

~着用期間の違い=生地や縫製の丈夫さ~

一方のリクルートスーツと呼ばれ販売されているスーツに関しては、対象者が学生という元もあるため価格を安価にしているものがほとんどです。
そのため使用されている生地や縫製もビジネススーツと比べると大きく劣りますので、あくまでも就活期間だけ着ることを前提に作られたスーツだと言えます。
そのため就活期間である半年〜1年程度でリクルートスーツは傷んで着れなくなる場合が多いと言えます。
ビジネススーツの場合は数年の着用を見越してあるため、非常に型崩れしにくく破れにくくなっています。

就活でビジネススーツを選ぶのはアリ?

ビジネススーツとリクルートスーツの違いは分かったと思いますが、就活でビジネススーツを選択するのはOKなのでしょうか。
これは就職する企業にもよりますが、もし就職後にもスーツでの勤務が基本となる企業の場合は、先行投資の意味も込めて長く使用できるビジネススーツを購入しておくのも良いでしょう。

~就職後の必要性を考えた判断が必要!~

この場合、就職が決まった後にスーツを買いに行く手間も省けますので、悪い選択ではないと言えます。
しかし就職後の仕事が作業着などの場合は、無理に高額なビジネススーツを選択する必要はありませんので、リクルートスーツを選択すれば良いでしょう。要するに先々のことを考えてビジネススーツを選ぶも良し、就活だけで使用するので安価なリクルートスーツを選ぶも良しだと言うことです。

ビジネススーツとリクルートスーツは着用期間に沿った素材が違う!

ビジネススーツとリクルートスーツの違いはその素材感や頑丈さが最大の違いだと言えます。
自分がビジネススーツが良いと思えばそれをチョイスすれば良いですし、リクルートスーツのほうが無難だと感じればリクルートスーツを選択すれば間違いないでしょう。
どちらを選択しても就活で活躍してくれますので自分に合ったスーツを選択しましょう。