フリーターからの就職とハローワークの活用法 | 新卒就活.com

2015/11/30更新

フリーターからの就職とハローワークの活用法

フリーターからの就職とハローワークの活用法をご紹介します。
フリーターでアルバイトなどをしている方が正社員の仕事を探すのに不安などありませんか?
フリーターからの正社員の仕事探しは、未経験の場合わからないことも多いものです。
そんな時にハローワークを活用すると、就職活動がよりスムーズにいきます。

フリーターと正社員の違いとは??

business-582048_640
フリーターでアルバイトなどをしていると、収入も若いうちは正社員で仕事をしている人と大して変わりはないかもしれません。
しかし、フリーターを続けていくと、その10年後20年後に収入の差はどんどん開いていきます。
そして国保と国民年金のみになりますので、社会保障にも大きな違いがあります。
先のことを考えるのであれば早めに対処していくのが賢明です。

~年月を重ねるごとに社会保障や収入で正社員と大きく差が開く~

フリーターから正社員として就職に成功している人は数多くいますので、年齢を重ねる前にチャレンジしてみて下さい。
仕事探しには求人情報誌などがありますが、ハローワークにも沢山の求人が出されています。
ハローワークは公共の職業安定所であり窓口には担当者がいますので、疑問点や不安なことは相談できるのも魅力の一つです。
地域密着型なので、その地域の中小企業が中心に募集されています。

フリーターが就職を目指す際は中小企業をターゲットにする!

フリーターから正社員に就職する時に、年齢によっては大きな企業への就職は厳しい現実があります。
なぜなら、年齢が高ければ高いほど企業にとって、年功序列などの厳しさも大きい面があり、扱いにくいと考えることが多いためです。
今までに正社員で働いたことがあり、経歴がそれなりにある経験者であれば話は別ですが、そういった経験がない場合は更に厳しくなります。

~年齢や経験も関係なく受け入れてくれる~

フリーターが正社員として就職を目指すのであれば、中小企業をターゲットにします。
中小企業であれば、年功序列などがない場合も多く、また人員不足などの問題がある企業は、経験者でなくとも働き手が欲しいと考えていることも多いものです。
ハローワークにはその地域の中小企業からの求人が中心にありますし、希望の職種の検索から企業を探すこともできます。
しかしながら、全てが優良企業というわけではありません。中にはブラック企業と呼ばれるものも存在しているのも事実です。

フリーターの就職活動はハローワークを賢く利用する

ハローワークでは求人の紹介だけでなく、就職に関しての相談も窓口で応じてもらえます。
フリーターからの初めての就職活動には不安はつきものですので、相談できるというのは安心できるメリットがあります。
一人で考えすぎるよりも、ハローワークで気軽に相談をしてみて下さい。
ハローワークの利用の仕方は次のとおりです。

1.求職申込書への記入・提出
2.窓口の相談員からハローワーク利用の説明と書類の配布
3.ハローワークカードを使用しての求人検索

~セミナーの紹介や就職活動のことを気軽に相談できる~

現在はパソコンで検索が出来るようになっていますが、書面でも求人情報は見られるようになっています。
パソコンでの検索は、希望の職種や希望の勤務先などでの検索が可能で、いくつでも自由に回覧が出来るようになっています。
また、セミナーなどの情報があれば相談員に聞いてみると良いと思います。
今までフリータで就職活動についてよくわからないという方は、こうしたセミナーなどに参加することで役立つ情報を得られることもあります。
ぜひ参加してみてください。

フリーターの就職活動はハローワークを利用してセミナーなどに積極的に参加しよう!

フリーターとしてアルバイトをしてきた身である場合、就職活動はいろいろな制限があり大変なこともあるかもしれません。
しかし、あらゆる情報を収集し、企業に熱意をしっかりと伝えることで正社員として活躍している方は多くいます。
ハローワークなどを十分に活用して、早めに行動を起こし、希望の企業への正社員の就職成功に向かっていってください。