フリーターが就活の面接を突破する方法 | 新卒就活.com

2015/11/10更新

フリーターが就活の面接を突破する方法

フリーターが就活の面接を突破する方法をご紹介します。
フリーターからの就職活動は、フリーター期間でのやってきたことや身につけたスキルが求められる上に、学生の場合とは違って採用する側も厳しい目で判断することが多いです。 
そんな面接を乗り越えるためのポイントについて詳しくお話しします。

フリーターが就活の面接を突破する方法1,ポジティブな姿勢を見せる

door-handle-625942_640
学生とは違い、フリーターは特にフリーターでいた空白期間でなにやっていたのか、どうしてフリーターだったなど問われることが多いです。 
新卒でフリーターだった場合は、職歴などの経験についてそれほど深く見られることがないですが、フリータとして働いていた期間に関してはしっかり即答できるように準備しておくことが大切です。 

曖昧な理由やマイナスなイメージを与える内容はNG!

フリータの間なにをしていたのか、部分が採用側が一番突いてくることが多いです。 
ただ、遊んでいただけ、正社員として社会に出ることが嫌だったなどの抽象的、楽観的理由などマイナスなイメージを与える内容をやめたほうがいいです。 
アルバイトや何かやったことを中心に、どんな些細なことでもポジティブに感じで相手に伝えると印象がいいからです。 
 

フリーターが就活の面接を突破する方法2,経験で得たものを証明する

新卒でフリーターだった場合、面接で次に聞かれることが多いのがどうしてフリーターという道を選んだのかということです。
ここで採用側がみているのは、正社員として採用した場合にすぐやめないかです。 
フリーターや派遣社員は、正社員に比べて明らかに責任の重さが違うため、ただ、楽だったからフリーターを選択したという理由では、すぐに振るい落とされてしまいます。 

●取り組んでいた業務内容を数的な成果を取り入れながら具体的に話すこと!

ここでのポイントは、アルバイトなり派遣社員で行った業務内容や何に取り組んできたのか、何を得たかなどを具体的に話せるかにあります。 
責任の度合いや達成した数値などを交えて説明すると他の新卒の学生と差を付けることができ、長い空白期間で得たことが逆にメリットや強みになるので、諦めずにしっかりと話しましょう。

フリーターが就活の面接を突破する方法3,模擬面接で慣れる!

新卒でフリーターだった場合の面接は、学生に比べて、特に鋭い質問や粗探しの様な嫌らしい質問をして、反応や発言内容をみて判断してきます。 
そこで口籠りしたり、動揺すると採用側に伝わってしまいます。 
そうならないためにしっかりと自分の経験を掘り下げて、何を言われても語れるようにしておくことが大切です。 

~就活支援サイトやハローワークを利用して面接対策をしっかり行うこと!~

また、全く練習をしないで本番の面接に望むのはNGです。 
今は、就活サイトのサービスやハローワークなどで模擬面接など面接対策などをしてくれやるので積極的に利用して、言葉使いや面接最中のマナーや姿勢などの基本的な部分をしっかり身につけておくことが大切です。 
あとは、自分がやりたいことに対しての熱意をストレートに伝えることが重要です。

フリーター期間の経験を掘り下げて繰り返し面接の練習を行う必要がある!

以上フリーターが就活の面接を突破する方法についてご紹介しました。
フリーターが就活の面接を突破するためには、フリーターの空白期間での経験をしっかりと掘り下げて何を質問されても話せるように練習をすることが大切です。 
あとは、ストレートに自分の熱意や思いを採用側に伝えるがフリーターでの面接のポイントになります。