フリーターが転職しようと考える際に必要な心構え | 新卒就活.com

2015/11/09更新

フリーターが転職しようと考える際に必要な心構え

フリーターが転職しようと考える際に必要な心構えをご紹介します。
フリーターからの転職は、正社員からの転職よりも採用側の判断基準も厳しくなります。
そのため、フリーター期間でのやってきたことや正社員を目指して転職する理由などを詳しく問われます。
その際に困らないための転職のポイントについて詳しくお話します。

フリーターが転職する際の心構え1,正社員を知る

stylish-916502_640
まず、フリーターの転職のポイントがいくつかあります。
フリーターから正社員への転職がどういう立場や待遇の違い、責任の重さなどをきちんと理解して上で、明確な目指する理由が必要になります。
正社員では一定の固定給与や残業手当、特別支給のボーナスなどが待遇面でかなり優遇されるのがポイントです。
その代わり、一定の決まった労働時間、休み 、指示があった場合の残業や業務に対する責任などフリーターよりも様々な制約や規約などがあります。

~フリーターにはない正社員の待遇や責任の違いを理解する必要がある~

待遇や責任の違いを理解した上で、今のフリーターの環境から正社員などへの転職を目指す、自分なりの明確な理由を今までの経験とともに相手に簡潔に伝えることが必要になります。

フリーターが転職する際の心構え2,事前準備

フリーターでの転職のポイントは、しっかりとした履歴書と面接の準備をすることです。
例え新卒として就活をしていた経験があっても、転職に対する慣れはありませんし一定期間のブランクがあります。
しっかりと履歴書や面接の準備をしないと選考の段階で振るい落とされてしまいます。

~採用担当者側の視点を持った事前準備が必要不可欠~

まず、履歴書では誤字脱字や二重線、話し言葉で書く、乱調がないなどをきちんとチェックすることが基本です。
その上で自己PR、志望動機などを採用側に伝わるような内容を書くことが非常に大事になります。
また、面接は、人に対して自分のことアピールする機会などがフリーターでは圧倒的に少ないです。
そのため、緊張を避けるために数回の練習や履歴書等のチェックをして、質問に受け答えできるようにしておくことが大切です。

フリーターが転職する際の心構え3,情報収集

フリーターの転職で大事なポイントは、転職総合サイトの活用や支援サービスを上手く活用することです。
最近では、大手の就活総合サイトを中心に転職支援サービスを行っています。
何もわからない状態から内定までの全面バックアップをしてくれるのでぜひ利用すべきです。
それにプラスしてインターネットから自分のやりたい仕事に関する情報などを積極的に収集することが重要です。

~自ら情報をとりにいく姿勢が大事!積極的に収集しよう~

今のスマートフォンで簡単に情報をえることができるので、自分から積極的に情報を得る努力しないと良い仕事の情報は手に入らないです。
また、履歴書や面接の準備など転職は短期勝負なので特にスピード感のある対応や準備が必要になります。
一番大切なのは、体調管理をしっかりして臨むことです。

フリーターが転職する際は短期勝負のつもりで積極的に情報を得る努力をすること!

フリーターの転職のポイントは、フリーターから正社員などの違いを理解した上でなりたい明確な理由や自分のこれまでの経験を話せることが重要になります。
新卒で就職活動をしていたけれど卒業までに内定がもらえずに仕方なくフリーターを選んだ場合、はじめはフリーターの道を選んだがやはり会社へ就職したいと思った場合、一回就職をしたけれど短い期間で退職して、フリータになったけれどもやはり正社員として就職したいと思った場合でも、正社員になる理由を明確にしなければなりません。

また、履歴書や面接の基本的な部分をしっかり準備して、スピード感のある対応で転職活動をしていくことが大事です。